ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本古代史の「病理」 戦争体験を風化させる学界の風潮
  • 日本古代史の「病理」 戦争体験を風化させる学界の風潮

  • 日本古代史の「病理」 戦争体験を風化させる学界の風潮
  • 日本古代史の「病理」 戦争体験を風化させる学界の風潮

日本古代史の「病理」 戦争体験を風化させる学界の風潮

  • 相原精次/著 相原 精次
    歴史作家。1942(昭和17)年横浜生まれ。1965(昭和40)年國學院大学文学部卒業。同年4月より奈良市にある私立中・高等学校に国語教師として赴任。5年間勤務後、横浜に戻る。2003(平成15)年4月、神奈川県立高等学校を定年退職。執筆活動に専念

  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-7791-2618-5
  • 発売日
    2020年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 皇国史観からの脱却が言われた戦後、新しい史観によって見直された古代史が、いつの間にか“大和史観”の見えない幕で覆われた。明らかな疑問に真摯に向き合わない学界の実態を鋭く衝き、古代史の真相を直視しない現状に警鐘を鳴らす!
目次
序章 「古代史」の現状―戦後七十年の忘れ物とその中身
第1章 「古代史の病理」のこと
第2章 古文献を正しく読むために
第3章 戦前と「古代史」
第4章 監視され、「遅延」した歴史学
第5章 「日本古代史」と「戦後七十年」―混乱と再生の中での展開とその問題点
終章 歴史学の実際と世相への憂い

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中