ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 強迫性障害の認知行動療法

  • 強迫性障害の認知行動療法

強迫性障害の認知行動療法

  • ページ数
    388p
  • ISBN
    978-4-7724-1739-6
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 強迫性障害(OCD)は、未解明の部分が多々ある疾患であり、多種多様な認知、行動、感情的症状が混在しつつ、ひとつの病名でまとめられているため、研究者と臨床家にとって特に手ごわい対象になっている。また、症状はしばしば慢性の経過をたどり、時に増悪が見られ、患者にさまざまな悪影響を及ぼす。OCDの認知行動療法(CBT)は、認知行動理論とその研究から生まれた効果的な介入法である。本書では、疾患の概観や症候学に触れつつ、OCDの認知的基盤に関する新たな理論と研究結果を活用して具体的な治療内容を示している。また、理論の二つの重要な柱として、正常体験としても発生しうる強迫観念や強迫行為が、どのような場合に精神病理体験になるのか、それが原因で苦痛や生活の支障が生じている場合、どのような治療が有効なのかという問題を常に道標とする。本書は、Aaron T.Beckから手ほどきを受けた著者によって、科学者であり実践者でもある立場から書かれた、CBTを臨床に適用させるための画期的な研究と実践の書である。
目次
第1部 強迫性障害とは(強迫性障害―診断をめぐる謎
強迫性障害の症候学)
第2部 認知行動理論と研究(強迫性障害の行動理論
強迫性障害の神経心理学と情報処理
強迫性障害の認知評価理論
思考抑制と強迫観念
認知コントロール―強迫観念の新しいモデル)
第3部 認知行動療法(強迫性障害の認知行動アセスメント
治療の始め方―基本要素と治療原理
認知再構成と代わりの解釈の生成
経験的仮説の検証
コントロールに関する2次評価の修正
実証研究の現状と今後の方向性)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:COGNITIVE-BEHAVIORAL THERAPY FOR OCD
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 強迫性障害の認知行動療法
  • 強迫性障害の認知行動療法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中