ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力
  • ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力

  • ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力
  • ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力

ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力

  • 島田裕巳/著 島田 裕巳
    宗教学者、作家。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了(専攻は宗教学)。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、同客員研究員を歴任

  • シリーズ名
    詩想社新書 31
  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-908170-25-6
  • 発売日
    2019年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人にとって、もっとも一般的な「お経」が『般若心経』だ。いまでも葬式、法要の場はもちろん、神社仏閣で神仏を前にして唱える人もいる。弥生時代にインドで作られたと思われる『般若心経』が、いまだに人々に親しまれているという国は日本だけである。なぜ、日本人は、これほどまでに『般若心経』に引かれるのか。その魅力を解き明かし、悩み、迷いにとらわれがちな私たちの心と、いかに向き合っていくかのヒントを得る。
目次
第1章 日本人が魅せられた「色即是空」の境地
第2章 キーワードで読み解く『般若心経』の教え
第3章 現代語に訳すと見えてくる「悟りの世界」
第4章 ままならない「自分の心」とどう向き合うか
第5章 『般若心経』からたどる仏教の歴史
第6章 『般若心経』を知れば日本仏教がよく分かる

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中