ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 着物憑き

拡大

  • 着物憑き

予約商品

着物憑き

  • ISBN
    978-4-08-788025-0
  • 予約発売日
    2019年11月26日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私が引き寄せられるのは、古いものばかり。物も着物も、幽霊も――。
    日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、豊富な心霊体験を持ち、様々な分野で活躍する作家・加門七海氏。
    日常的に着物やアンティークを身につける本人の実体験や見聞きした逸話の数々……着物をめぐる怪しくも深遠な世界が綴られる十一章。
    以下、章題。

    「帯留」戦火を逃れた鮎の帯留。見た瞬間、自分のものならぬ言葉が――。
    「振袖」実家の箪笥を開けると、祖母の形見だという着物が見つかり――。
    「古着」市松人形のために手に入れた着物。夜、袖から白い女の手が――。
    「足袋」近所の路地沿いある、廃工場の駐車場。奥の闇に見えたのは――。
    「衣擦れ」眠りに入りしばらく経った頃。衣擦れの音に目が覚めて――。
    「糸」その姿を見た前後から、急速にアンティーク着物に気持ちが傾き――。
    「東と西」生地も染めも見事な着物なのに、誰もが試着後に首を傾げ――。
    「帯」最初から“体を巻くもの”として存在する帯。そのため蛇と化し――。
    「帷子」京都帷子ノ辻。空き地の木の枝に下がっていたのは――。
    「薄物」友人の祖母の遺品。美しい振袖がいつの間にか見当たらなくなり――。
    「文様」時を超え伝えられる数々の文様。それぞれに意味が込められ――。(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

ページの先頭へ

閉じる

  • 着物憑き

拡大

  • 着物憑き

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中