ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 秀吉は「家康政権」を遺言していた 朝鮮出兵から関ケ原の合戦までの驚愕の真相

  • 秀吉は「家康政権」を遺言していた 朝鮮出兵から関ケ原の合戦までの驚愕の真相

秀吉は「家康政権」を遺言していた 朝鮮出兵から関ケ原の合戦までの驚愕の真相

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-309-22787-0
  • 発売日
    2019年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「慶長の役の最中、秀吉が病死したため日本は朝鮮から撤退。その後、徳川家康と石田三成の対立が深まり、関ヶ原の合戦がおこった」…学校で習った歴史は本当なのか?じつは、朝鮮からの撤退は秀吉が生前から検討し、遺言では、家康を後継者に指名、家康と三成の対立もなかった。であるなら、関ヶ原の合戦の対立の真の構図とは?目からウロコの歴史の真相が浮かび上がる!
目次
「朝鮮出兵」で露呈した小西行長と加藤清正の諍い のちの関ヶ原へと続く、対立構造の萌芽を探る―第一部 天正二〇年四月~慶長三年一月(秀吉による朝鮮出兵がはじまる
文禄・慶長の役は、明との戦争だった ほか)
戦争の最中、「家康政権」を遺言して逝った秀吉 最期まで精力的に指示を出し続けた秀吉の構想とは―第二部 慶長三年三月~八月(豊臣秀吉は認知症や錯乱状態になったのか
豊臣秀吉は、なぜ徳川家康をたずねたのか ほか)
「朝鮮退き口」を指揮し戦勝を演出した家康 秀吉の没後、家康はいかに権力基盤を築いたか―第三部 慶長三年九月~四年一月(秀吉が遺言した政権運営のガイドライン
最初は合議で出発した家康体制 ほか)
難航する「日明和談」と関ヶ原への道 内憂外患の危機を、家康はいかに脱しようとしたか―第四部 慶長四年二月~一五年(捕虜の姜〓が残した詩とは
姜〓は明の捕虜とも会っていた ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 秀吉は「家康政権」を遺言していた 朝鮮出兵から関ケ原の合戦までの驚愕の真相
  • 秀吉は「家康政権」を遺言していた 朝鮮出兵から関ケ原の合戦までの驚愕の真相

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中