ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題
  • 軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題

  • 軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題
  • 軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題

軍人と自衛官 日本のシビリアン・コントロール論の特質と問題

  • ページ数
    253,36p
  • ISBN
    978-4-7791-2577-5
  • 発売日
    2019年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「シビリアン・コントロール」論の学説史を俯瞰し、日本の憲法解釈や蓄積された研究業績を検討し、日本的「文民統制」の論理構成を摘出、合わせて防衛問題に関する諸研究の中で論じられてきた自衛隊認識と「シビリアン・コントロール」の関係性を解明。自衛隊の“暴走”の可能性についても検討し、旧軍との差異を明らかにする。
目次
序章 ミリタリー・プロフェッショナリズム論の検討
第1章 ミリタリー・プロフェッショナリズム論とシビリアン・コントロール論の形成と展開
第2章 公法学と「シビリアン・コントロール」
第3章 政軍関係研究におけるシビリアン・コントロール論
第4章 自衛隊は“暴走”するのか
終章 日本のシビリアン・コントロール論の課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中