ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新説坂本龍馬
  • 新説坂本龍馬
  • 新説坂本龍馬

  • 新説坂本龍馬
  • 新説坂本龍馬
  • 新説坂本龍馬

新説坂本龍馬

  • 町田明広/著 町田 明広(まちだ あきひろ)1962年、長野県生まれ。神田外語大学准教授・日本研究所副所長。明治維新史学会理事・事務局長。上智大学文学部・慶應義塾大学文学部卒業、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。著作に『島津久光幕末政治の焦点』(講談社選書メチエ)、『攘夷の幕末史』(講談社現代新書)、『グローバル幕末史』(草思社)、『薩長同盟論』(人文書院)などがある。

  • シリーズ名
    インターナショナル新書 045
  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-7976-8045-4
  • 発売日
    2019年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:990

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕末の目まぐるしく変化する社会情勢の中で、坂本龍馬はどのような役割を演じたのか?英雄伝説に彩られた龍馬の生涯を「幕末政治史」の中で見つめ直し、その真価を問う。脱藩浪人の龍馬がなぜ活躍できたのか?亀山社中を作ったのは誰なのか?海援隊、誕生の秘密とは?膨大な史料を徹底検証し、まったく新しい龍馬像を浮かび上がらせる。
  • ※発売日が変更になりました
    10月7日→10月8日
目次
龍馬の生い立ちと江戸修行―人格形成の秘密
安政期の政情と二度目の出府―剣術修行と千葉佐那
土佐勤王党と志士龍馬の誕生―武市半平太と間崎哲馬
久坂玄瑞と島津久光の率兵上京―第一次脱藩への影響
松平春嶽、勝海舟、大久保忠寛との邂逅―第一次脱藩前後の龍馬
神戸海軍操練所と第二次脱藩―龍馬の海軍構想とは
薩摩藩士・坂本龍馬の誕生―薩長融和周旋の開始
「西郷すっぽかし事件」と名義借り―龍馬の実像探索
龍馬の長州藩派遣と薩長融和の促進―交渉人・龍馬の凄み
盟友・近藤長次郎とユニオン号事件―亀山社中はなかった!
「小松・木戸覚書」の成立と意義―薩長同盟伝説を撃つ
寺田屋事件の実相とその後の政情―龍馬暗殺の伏線
龍馬社中と土佐藩復帰―薩摩藩士・土佐藩士の二面性
海援隊と薩土盟約―龍馬の功績とその実相
大政奉還と龍馬暗殺―幕末史上の大事件は何が謎なのか?

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

あなたの知っている坂本龍馬、フィクションではありませんか?

龍馬の名は、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』など伝記小説から広まったため、実像と離れた「伝説」が生まれ、今なおそれが通説となっている。
歴史学者が丹念に史料を読み解くことでわかった龍馬の実像とは?
龍馬は薩摩藩士? 薩長同盟に龍馬は無関係? 亀山社中はあったのか? 大政奉還は龍馬のアイディア? など、新知見が満載。
「英雄フィルター」を外してみれば、龍馬の真価が見えてくる。

――(本書「はじめに」より) 
私は、明治維新史を専門としているが、その主な対象は幕末政治史であり、さらに絞り込めば、薩摩藩を中心に研究を行っている。その他にも、攘夷といった対外認識論(外国に対する考え方、世界観)にもアプローチしている。そうした中で、とくに前者の研究において、龍馬の存在はきわめて重要である。しかし、史料にあたっていくと通説と違った龍馬の動向が散見され、過大評価された部分も少なくないと感じる。一方で、過小評価されていた部分も発見した。これは、龍馬の価値を高めることとなるだろう。こうした新しい龍馬を提示したい。

――(目次より抜粋) 
1章 龍馬の生い立ちと江戸修行―人格形成の秘密
2章 安政期の政情と二度目の出府―剣術修行と千葉佐那
3章 土佐勤王党と志士龍馬の誕生―武市半平太と間崎哲馬
4章 久坂玄瑞と島津久光の率兵上京―第一次脱藩への影響
5章 松平春嶽、勝海舟、大久保忠寛との邂逅―第一次脱藩前後の龍馬
6章 神戸海軍操練と第二次脱藩―龍馬の海軍構想とは
7章 薩摩藩士・坂本龍馬の誕生―薩長融和周旋の開始
8章 「西郷すっぽかし事件」と名義借り―龍馬の実像探索
9章 龍馬の長州藩派遣と薩長融和の促進―交渉人龍馬の凄み
10章 盟友・近藤長次郎とユニオン号事件―亀山社中はなかった!
11章 「小松・木戸覚書」の成立と意義―薩長同盟伝説を撃つ
12章 寺田屋事件の実相とその後の政情―龍馬暗殺の伏線
13章 龍馬社中と土佐藩復帰―薩摩藩士・土佐藩士の二面性
14章 海援隊と薩土盟約―龍馬の功績とその実相
15章 大政奉還と龍馬暗殺―幕末史上の大事件は何が謎なのか?

■著者略歴 
町田明広(まちだ あきひろ)1962年、長野県生まれ。神田外語大学准教授・日本研究所副所長。明治維新史学会理事・事務局長。上智大学文学部・慶應義塾大学文学部卒業、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。著作に『島津久光幕末政治の焦点』(講談社選書メチエ)、『攘夷の幕末史』(講談社現代新書)、『グローバル幕末史』(草思社)、『薩長同盟論』(人文書院)などがある。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中