ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 危険な「美学」
  • 危険な「美学」
  • 危険な「美学」

  • 危険な「美学」
  • 危険な「美学」
  • 危険な「美学」

危険な「美学」

  • 津上英輔/著 つがみ えいすけ 美学者。成城大学文芸学部教授。一九五五年、東京生まれ。東京大学文学部および同大学院修了。博士(文学)。フライブルク大学で音楽学を専攻。同志社女子大学専任講師、成城大学助教授を経て現職。その間、イェイル大学客員研究員、ストックホルム大学客員教授。著書に『あじわいの構造』(春秋社)、『メーイのアリストテレース『詩学』解釈とオペラの誕生』(勁草書房)、共訳書にD.J.グラウト、C.V.パリスカ『新西洋音楽史』(音楽之友社)などがある。

  • シリーズ名
    インターナショナル新書 044
  • ページ数
    198p
  • ISBN
    978-4-7976-8044-7
  • 発売日
    2019年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:902

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「美」、あるいはそれを感じること自体に潜む危険を解き明かした一冊。高村光太郎の詩「必死の時」やジブリ映画「風立ちぬ」を例に、人を幻惑し、判断をくるわせてしまう「美」の危険性を指摘。さらにトーマス・マンの『魔の山』で描写された結核患者や戦時中の「散華」をとりあげ、「美」を感じようとする人間の感性が負を正に反転させてしまう驚くべき作用についても論じる。
  • ※発売日が変更になりました
    10月7日→10月8日
目次
美と感性についての基礎理論
第1部 美は眩惑する(「美に生きる」(高村光太郎)ことの危険
アニメ『風立ちぬ』の「美しい飛行機」)
第2部 感性は悪を美にする(結核の美的表象
「散華」の比喩と軍歌“同期の桜”)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

「美しさ」そのものに潜む危険!

芸術作品が政治利用されることの危険についてはあらゆる本で論じられてきましたが、
本書は、「美」あるいはそれを感じる感性そのものに潜む危険を解き明かした一冊です。
第1部では高村光太郎の詩「必死の時」やジブリ映画「風立ちぬ」を例に、
「美」は人を幻惑し、判断をくるわせてしまうことを説き、
第2部ではトマス・マンの『魔の山』で描写された結核患者の美や戦時中の「散華」を例に、
「美」が負を正に反転させてしまう恐ろしさについて論じます。
いわば、「美学」という学問の画期的な実践編です。

(目次)
序章 美と感性についての基礎理論
一 真善美の思想
二 「十大」ならざる「三大」
三 「一大」ならざる「三大」
四 真・善・美と知性・理性・感性
五 美と芸術の自律性
六 美とは何か
七 美の恵みと危険

第一部 美は眩惑する
第一章 「美に生きる」(高村光太郎)ことの危険
一 戦争賛美の詩「必死の時」
二 詩の分析
三 光太郎の戦後
四 「美に生きる」こと
五 「悪かつたら直せばいい」
六 光太郎を越えて
七 眩惑作用がもたらす美への閉じこもり
八 高村山荘
九 光太郎の戦争賛美と智恵子

第二章 アニメ『風立ちぬ』の「美しい飛行機」
一 『風立ちぬ』における「美しい」の用法
二 美の働き
三 戦闘機と美
四 夢
五 「美しい夢」の危険
六 美の眩惑作用

第二部 感性は悪を美にする
第三章 結核の美的表象
一 健康と美
二 非健康の感性化
三 小説『魔の山』
四 文豪が描いた結核患者像
五 隠喩理論
六 美的カテゴリー論
七 感性の統合反転作用理論
八 感性の特異な働き
九 感性の危険

第四章 「散華」の比喩と軍歌〈同期の桜〉
一 「散華」の比喩
二 美化と美的変貌
三 特攻と「散華」
四 軍歌〈同期の桜〉 
五 自ら歌うということ
六 音楽は他人ごとを我がこととする
七 「散華」と感性の統合反転作用
八 メコネサンス理論
九 美と感性の危険性

(著者プロフィール)
つがみ えいすけ 美学者。成城大学文芸学部教授。一九五五年、東京生まれ。東京大学文学部および同大学院修了。博士(文学)。フライブルク大学で音楽学を専攻。同志社女子大学専任講師、成城大学助教授を経て現職。その間、イェイル大学客員研究員、ストックホルム大学客員教授。著書に『あじわいの構造』(春秋社)、『メーイのアリストテレース『詩学』解釈とオペラの誕生』(勁草書房)、共訳書にD.J.グラウト、C.V.パリスカ『新西洋音楽史』(音楽之友社)などがある。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中