ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550

  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
  • ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550

ポイント倍率

ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550

  • 岡田兵吾/著 マイクロソフト シンガポール アジア太平洋地区ライセンスコンプライアンス本部長
    同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア、デロイトコンサルティング、マイクロソフトのグローバル企業3社にて、シンガポール、アメリカ、日本の3カ国を拠点に23年間勤務。グローバルコンサルタントのパイオニアとして、これまで、アクセンチュア時代には11か国の外国人コンサルタントを率いてグローバルプロジェクトを推進。
    海外勤務歴17年、クビも日常茶飯事の超実力主義トップグローバル企業にて、アジア責任者として、15か国以上の多種多様な外国人プロフェッショナルたちをマネージしながら、アジア全域の新事業開発および業務変革に従事する。
    かつては、売上ゼロが1年2か月も続いた時期もあったが、クビにならないために、非ネイティブの英語術を学んだ結果、コミュニケーションが抜群にうまくいき、初案件を勝ち取る。
    現在、マイクロソフト アジア太平洋地区ライセンスコンプライアンス本部長として、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4か国のライセンス監査業務の責任者を務める。さらに各種コンプライアンスプログラムのアジア責任者も兼任し、アジア全域のコンプライアンス対策およびデジタル変革を推進。また同社にて、アジア全域の働き方改革や国内外の大学・非営利団体でのリーダーシップ活動を評価され、数々の社内アワードを受賞する。
    世界トップレベルの IEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。

    著書に『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

  • ページ数
    321p
  • ISBN
    978-4-478-10873-4
  • 発売日
    2019年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小学校から大学まで英語はそこそこ勉強してきたのに、ビジネス英語になった途端、「通じない」「焦る」「どうすれば?」の連鎖。「How can I say ?」が口癖の人に打ってつけ! 必ず誰しもが陥るビジネスシーンで必読の「おたすけフレーズ」満載! つかみがよければ、あとは何とかなる!

    アクセンチュア、デロイト、マイクロソフトで
    23年間、外国人だらけの環境で習得した
    「武器」としての「超入門ビジネス英語」

    使えるフレーズを知っているだけで、
    英語での会話がラクになる!

    ネイティブと対峙しても、
    「こんなとき、なんて言えば……?」がなくなる
    「最強英語フレーズ550」を紹介!

    <非ネイティブのビジネス英語・絶対ルール>

    1.使えるフレーズを多用し、
    2.ポジティブで丁寧な言い回しをする
目次
第1章 日本人が思い込んでいる英語に対する5つの誤解(全世界の5人に4人は英語が話せない!?
英語人口の80%はネイティブじゃない!? ほか)
第2章 非ネイティブエリートが心がけている「伝わる英語」の極意(評価されるのは「美しい発音」より「丁寧な話し方」
どんな相手でも「敬意」と「気遣い」を示す ほか)
第3章 どんなに口ベタでもネイティブと堂々と話せる―自然と会話がつながる49のキーフレーズ(出社すぐが勝負!朝の情報戦を制す!
職場や部署が違う仲間との交流を欠かしてはいけない! ほか)
第4章 相手を不快にさせずに言いたいことがきちんと伝わる―泣き寝入りをしなくて済む40のキーフレーズ(聞き取れなかったときの対処法
「わからない」と言ったら自分が損をするときの対処法 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「その英語、ちょっと待った!」
ネイティブにはネガティブに聞こえています!

問題です。AさんとBさんの言葉にどんな違いがあるのでしょうか。

A:I have a big problem.
B:I’m facing a big challenge.

Aさんは、「大きな問題を抱えている」と言いたかったのでしょう。
Bさんもまた、「大きな課題に直面している」と言いたかったのでしょう。
では、それを聞いたネイティブの印象はどうでしょうか。

A:><
B:^^

悩んでいると伝えている点ではどちらも共通しています。
ネガティブな印象を与えたのが「A」、
ポジティブな印象を与えたのが「B」です。

では、もう一問、お付き合いください。
どうやら、相手の言っていることを聞き逃したみたいです。

A:Once more, please.
B:Sorry?

では、ネイティブの印象を見てみましょう。

A:><
B:^^

丁寧に言っていると思われるAさんに対し、
ネイティブはいい印象を抱いていないようです。

一見、Aさんのほうが丁寧にお願いしているように見えますが、
じつはこれNGなんです。
「please」をつけているのでよいと思われがちですが、
命令っぽく聞こえているのです。

日常生活で話す場面では問題のない英語でも、
ビジネスシーンで使うには、「完全にアウト!」
だということがわかっていただけたのではないでしょうか。

このように、ビジネス英語では、「話せない」こととは別に、
日常会話レベルの英語をそのまま使うことで、
ビジネスで損をしている場合があります。
これら2つの問題を本書で一挙に解決することができます。

「こんなとき、なんて言えば……」と言葉に詰まることなど、日常茶飯事。
気にすることはありません。
ネイティブは非ネイティブに対し、
英語ができないからと排除するようなことはしません。
ただ、残念な英語を使っていることで、
印象を悪くしているのは事実です。
そんなよくあるシーンに効果的に使えるフレーズを
一挙に紹介していきます。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中