ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 琉球政府の食糧米政策 沖縄の自立性と食糧安全保障

  • 琉球政府の食糧米政策 沖縄の自立性と食糧安全保障

琉球政府の食糧米政策 沖縄の自立性と食糧安全保障

  • ページ数
    195p
  • ISBN
    978-4-13-046128-3
  • 発売日
    2019年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,264

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
序章
第1章 食糧米供給不足下における需給調整政策:1945~1958年(終戦後アメリカ軍政府による食糧配給
琉球政府設立前後における食糧米需給
食料米需要の拡大と琉球政府の対応)
第2章 米穀需給調整臨時措置法をめぐる琉米間の対立と妥協:1959~1962年(「自由化体制」による沖縄経済開発構想
島産米価格支持政策の策定とUSCARによる修正過程
米需法下の外米・島産米の需要と価格の調整)
第3章 日米政府の政策課題を受けた食糧米政策の「自由化」への転換:1963~1964年(USCARの加州米輸入促進政策と日本政府の沖縄産糖保護政策
「自由化」と食糧米政策の再編
島内稲作の急減と食料米需給構造の変質)
第4章 島産米保護への回帰:1965~1969年(稲作振興法及び米穀管理法の制定とUSCARの対応
琉球政府主導の米価決定構造
1960年代後半における島産米買入価格の引上げ)
第5章 「復帰」を前提とした食糧米政策の再編:1970~1972年(本土米供与計画の策定過程
琉球政府食糧米政策の再編)
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 琉球政府の食糧米政策 沖縄の自立性と食糧安全保障
  • 琉球政府の食糧米政策 沖縄の自立性と食糧安全保障

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中