ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近世の女性と仏教

  • 近世の女性と仏教

近世の女性と仏教

  • ページ数
    292,6p
  • ISBN
    978-4-642-03495-1
  • 発売日
    2019年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

10,000 (税込:10,800

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 男女差別があった近世社会において、女性たちは仏教といかに関わったのか。村の過去帳に見える尼僧、授戒会と女性、尼僧の仏道修行、女性が開基となった江戸府内寺院、盤珪と貞閑尼(俳人田ステ女)、道元と近世曹洞宗の尼僧、白隠の女性観・門下の女性禅者など、多彩な問題を論究。彼女らの活動を検証し、ジェンダーイコールな仏教の再生をめざす。
目次
第1部 村の尼僧たち(尼僧たちの位牌
村の寺院の過去帳に見える尼僧
大而宗龍の授戒会に集う女性たち ほか)
第2部 寺院の開基になった女性たち―『御府内寺社備考』より(『御府内寺社備考』と女性による寺院開基
天台宗寺院の特色と開基女性
浄土宗寺院の特色と開基女性 ほか)
第3部 近世の女性と禅宗(貞閑尼(俳人田捨女)と盤珪
道元のメッセージと近世曹洞宗の尼僧たち
白隠の女性観)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 近世の女性と仏教
  • 近世の女性と仏教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中