ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 親日を巡る旅 世界で見つけた「日本よ、ありがとう」
  • 親日を巡る旅 世界で見つけた「日本よ、ありがとう」

  • 親日を巡る旅 世界で見つけた「日本よ、ありがとう」
  • 親日を巡る旅 世界で見つけた「日本よ、ありがとう」

親日を巡る旅 世界で見つけた「日本よ、ありがとう」

  • ページ数
    192p
  • ISBN
    978-4-09-389784-6
  • 発売日
    2019年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本軍人の武勇と清貧―私たちが忘れてしまった真実を世界各国は語り継いでいた!
目次
ミャンマー―アウン・サン・スー・チーの父が忘れなかったビルマ独立の恩
パプアニューギニア(ラバウル)―一大航空戦を繰り広げた地で聞こえる「ジャパン、ナンバーワン!」
カンボジア―“国の顔”である紙幣に日の丸が描かれている
ポーランド―いまも語り継がれる日本のポーランド孤児救出劇
ソロモン諸島(ガダルカナル)―「日本兵は強かった」と語り継ぐ激戦地の人々
マルタ―地中海で活躍した特務艦隊は「英雄」として称えられた
フィリピン―神風特攻隊を称賛し尊敬する理由
フィンランド―ロシアを破った日本に彼らは期待した
パラオ―祝日となった「天皇皇后両陛下が訪問の日」
インドネシア―独立宣言文に「皇紀」を使った想い
極東ロシア(ハバロフスク、ウラジオストク)―シベリア抑留者にロシア人が抱いた畏敬の念
台湾―世界一の親日国がいまも大切にする日本精神

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

世界は「親日」で溢れていた! 

世界各地を訪れ、現地の人々と交流した筆者が見たのは、日本人が想像もしない各国の親日ぶりだった。
一部の国の「反日」ばかりがクローズアップされるなか、その他の多くの国々では、日本の過去の貢献や功績をいまも語り継いでいたのだ。
親日の背景には、そうした先人たちが流した汗、払った犠牲があった。日本人が忘れてしまった歴史の真実に光をあてる。

◎ミャンマーが忘れない独立支援の恩
◎カンボジアの紙幣に描かれた日の丸
◎ガダルカナルで日本兵を弔う人々
◎ポーランドで語り継がれる孤児救出
◎フィンランドが熱狂した日露戦争勝利
など、12か国の親日とその背景に迫る。

現地の人々の貴重な証言と、各地で撮影した戦跡や歴史的遺物の写真も多数収録。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中