ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犬神考 迷信に対する人々の意識の変容

  • 犬神考 迷信に対する人々の意識の変容

犬神考 迷信に対する人々の意識の変容

  • シリーズ名
    早稲田大学エウプラクシス叢書 017
  • ページ数
    290p
  • ISBN
    978-4-657-19802-0
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人はなぜ迷信にとらわれてきたのか。かつて高知県内を中心に流布した憑きもの筋の一種、「犬神」。この前近代的な観念が戦後、人々の間で変容していく過程を古老たちへのインタビューや過去の資料分析を通じて解明する。
目次
第1部 憑きもの筋研究再考(研究史
憑きもの筋研究再考―学術研究の傾向と「強制力」としての機能)
第2部 高知県における「犬神」観の変容(現在の「犬神」観の事例―高知県と徳島県でのフィールドワークから
「犬神」観変容の実情と戦後社会の影響)
第3部 高知県の「犬神」観に働いた独自の「強制力」(「犬神」に関する知識を発信する文献資料の考察
戦後高知県における民俗の取り扱い
生活改善諸活動と戦後高知県の「生活改善」)
第4部 学術研究と生活世界の生み出す相互作用(学術研究と生活世界の生み出す相互作用
「強卵式」からみる生活世界とメディア上の情報間の相互作用
高知県の「犬神」観の変容の全体像)
第5部 結論(「犬神」と「憑きもの筋」
本書の結びとして)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 犬神考 迷信に対する人々の意識の変容
  • 犬神考 迷信に対する人々の意識の変容

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中