ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議
  • 左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議

  • 左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議
  • 左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議

ポイント倍率

左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議

  • ページ数
    164p
  • ISBN
    978-4-86228-107-4
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 緊急出版! 欧米で大注目、反緊縮政策のススメリベラル派は安倍政権の景気対策に敗けてきた財政赤字や円の暴落は心配無用! 財政危機論は新自由主義のプロパガンダ。金融緩和、法人税増税や富裕層への増税で財源を作る。経済・雇用を最大の関心事とする若者たちが政治に求めるものとは。なぜ安倍政権の支持率が高いか。雇用改善など経済データで見事に解明。格差、最低賃金、増税、社会保障……気になる問題のひとつひとつに注目し、緊縮ではなく「お金を使うリベラル政治」の像を有権者と野党議員らに提案する。反緊縮政策は森永卓郎、池田香代子、山本太郎の各氏をはじめ、経済学者、識者、政治家に賛同が広がる。【内容】ぜリベラル派は負け続けているのか若い世代の関心は「景気・雇用」/今出現しているのは古典的「窮乏」リベラル派はなぜ勝てないのか「お金を出しませんよ」に反対する世界の民衆欧米の派手な反緊縮政策/消費税を上げずにすむ根拠は?反緊縮の経済政策マニフェスト消費税を上げない雇用創出・最低賃金の大幅引上げ法人税の優遇措置をなくす・富裕層に増税/財政危機はまやかし地方でも常に仕事が続くインフラ事業を/教育・保育の無償化、介護、医療の充実リベラルが何度も失敗を繰り返してきたのは、「景気拡大反対」「脱成長」のイメージがあったから。長期不況や小泉構造改革などで失業した人、あるいはやっと職にありついた人たちには自分たちが救われないとしか聞こえない。左翼とかリベラルのイメージが嫌われたというよりは、「なるべくお金を使いません」という倹約的なイメージが嫌われていた。この現象は世界中で起こっている。安倍総理の経済政策は本当はどちらかと言えば緊縮。国民の生活のためにお金をたくさん使いますという姿勢はかなり疑わしい。しかし左派側がもっと景気の良い対案をアピールしないせいで負けているのである。
目次
1 なぜ反緊縮政策なのか(松尾匡)(安倍政権に勝つための課題は経済政策
質問に答えます)
2 反緊縮経済政策モデルマニフェスト2019(「ひとびとの経済政策研究会」)(消費税を上げて不況が戻ってもいいのですか?
働きたい人が誰でもまっとうな職で働ける世の中に!
暮らしの苦しい庶民からこれ以上税金をとるな!政治が作った莫大なもうけからとれ!
力ある者の意のままで人の明暗が分かれない公平な世の中を
教育・保育の無償化、介護、医療の充実など)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中