ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 読書感想文書き方ドリル2019
  • 読書感想文書き方ドリル2019

  • 読書感想文書き方ドリル2019
  • 読書感想文書き方ドリル2019

ポイント倍率

読書感想文書き方ドリル2019

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-7993-2478-3
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今年も出ました!「賞がもらえる」と話題、夏休み小学校課題図書に完全対応した、唯一の書き込み式ドリル!
    小学校低学年から高学年向けまでの「夏の読書感想文」がドリルに書き込むだけでたのしく作れます。一生ものの読解力も身につきます。

    2018年夏、フジテレビ系「ノンストップ! 」サミット、
    朝日放送テレビ「おはよう朝日です」で紹介されたドリル、
    大・大好評につき、2019年も出ました!

    「賞をもらいました! 」の声続々!
    「夏の読書感想文」特別授業、今年も開講!!

    夏の読書感想文コンクール課題図書に完全対応しているのは本書だけ!
    佳作揃いの2019年小学校課題図書12冊を徹底分析、
    ひとあじちがうハイレベルな読書感想文を書くために必須の1冊です。

    夏休みの宿題が終わるのと同時に、「一生ものの読解力」も身につく!

    さらに使いやすくなった「読書感想文すらすらドリル」も大好評!
    「6つの質問」に順に答えていき、その答えを順に並べて文章にすれば読書感想文ができ上がるように工夫しました。

    ■第65回青少年読書感想文全国コンクール 課題図書■
    魔女ののろいアメ
    スタンリーとちいさな火星人
    心ってどこにあるのでしょう?
    もぐらはすごい
    かみさまにあいたい
    子ぶたのトリュフ
    そうだったのか! しゅんかん図鑑
    季節のごちそう ハチごはん
    ぼくとニケ
    かべのむこうになにがある?
    マンザナの風にのせて
    もうひとつの屋久島から:世界遺産の森が伝えたいこと
目次
第1章 「書き方」がわかれば、読書感想文なんてへっちゃらだ!(まずは、準備だ!
STEP1 本を読んだら、「6つの質問」を見よう
STEP2 質問に、自分の言葉で答えよう(解答例)
STEP3 解答をつなげると、感想文ができちゃった!!(感想文例)
書き出しを工夫しよう!)
第2章 2019年夏の課題図書徹底読解(魔女ののろいアメ
スタンリーとちいさな火星人
心ってどこにあるのでしょう?
もぐらはすごい
かみさまにあいたい
子ぶたのトリュフ
そうだったのか!しゅんかん図鑑
季節のごちそう ハチごはん
ぼくとニケ
かべのむこうになにがある?
マンザナの風にのせて
もうひとつの屋久島から:世界遺産の森が伝えたいこと)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 小学生
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

***
お母さん、お父さん。
ぜひ、子どもたちの力を信じてください。信じるということは、見守るということです。
この本は、考えるための視点やプロセスを伝えるものです。
正解を出して、丸写しさせるような代物ではありません。

作文指導をするようになって、はや20年以上が経ちました。
私は、思考の入口とヒントを与えることしかしていません。
そして、待ちます。すると、子どもたちは自ら作品を生み出します。

もちろん、宿題ですから期限があるでしょうし、
夏休み終わりが近づいてもなお、何も手をつけていなかったら、ずいぶん心配されることでしょう。
そんなときは、このテキストを参考に、子どもたちと一緒に考えてみてください。
一緒に読む時間は、半日くらい。
そして、一緒に考え、一緒に書くのは、2時間くらいでしょうか。
つまり、一日、子どもたちとの読書体験をぜひ楽しんでください。
(「まえがき」より)

***
読書感想文には、「正しい答え」はない。あるのは、「きみの答え」だけだ。

もちろん、テーマのおもしろさや説得力、着眼点などで上手い・下手はできてしまう。
ただ、この上手い・下手は、審査員が評価しなければならないときに出てくる問題。
どちらかと言えば、読書感想文の「おまけ」の部分だ。

まず、「きみの答え」を書く! それで満点が取れるのが、読書感想文なんだ。

東京や鎌倉で、ぼくといっしょに作文を学んでいる子どもたちは、
今では自分の発想やアイデアを楽しめるようになっている。
でも、最初は「正解強迫症」にしばられていた。だから、心配はいらない。

きみもまず、そこからぬけ出そう。作文の「型」を伝授するのは、その後だ。

この「型」は、武道の型と同じものだ。型を身につけて、ようやく対戦(作文では表現)できる。
その型を、今年は「6段階」に設定している(これで、さらに書きやすくなっているだろう! )。
6つのステップのうち、ぼくがいちばん読みたいのが「テーマ」だ。
ここに、きみがちゃんと「考えたかどうか」が表れてしまうんだよね。

それと、この本のぼくの説明は正解じゃない。きみたちへのヒントでしかないんだ。
きみの答えを見つけるために、きみといっしょにぼくは歩く。
でも、ゴールするのは、きみ自身だ!
(「まえがき」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中