ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • クライエントの言葉をひきだす認知療法の「問う力」 ソクラテス的手法を使いこなす
  • クライエントの言葉をひきだす認知療法の「問う力」 ソクラテス的手法を使いこなす

  • クライエントの言葉をひきだす認知療法の「問う力」 ソクラテス的手法を使いこなす
  • クライエントの言葉をひきだす認知療法の「問う力」 ソクラテス的手法を使いこなす

クライエントの言葉をひきだす認知療法の「問う力」 ソクラテス的手法を使いこなす

  • 石垣琢麿/編 山本貢司/編 東京駒場CBT研究会/著 石垣 琢麿
    1987年、東京大学文学部心理学科卒業。1993年、浜松医科大学医学部卒業。1999年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授

    山本 貢司
    2002年、日本銀行退職。2006年、横浜国立大学大学院教育学研究科修士課程修了。現在、田園調布カウンセリングオフィス所長

  • ページ数
    216p
  • ISBN
    978-4-7724-1701-3
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,800 (税込:3,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 認知療法の経験豊富な中堅臨床家たちが、ソクラテス的手法を詳細に解説したオーバーホルザーの論文と、短期認知療法への適合性に関するサフラン&シーガルの論文をもとに、認知療法における「問う力」(質問力)を包括的かつ実践的に解説。認知療法の初学者には先輩からの「紙上後輩指導」として、すでに認知療法を実践されている方には過去の面接を振り返り、自身の「問う力」を再分析・再検討するのに最適な一冊!
目次
第1部 ソクラテス的手法とは?(問いかけることで面接を組み立てよう!―系統的質問
多くの情報を引き出して吟味するための質問法―帰納的推論
物事の本質をみつけ出し、クライエントの気づきを高める―普遍的定義
「私は知っている」という思い込みをなくすには―知識の否認
自分らしくあることを支援しよう!―自己変革)
第2部 短期認知療法適合性尺度の活用(自動思考のとらえやすさ
感情の自覚と弁別
自己責任の承諾
認知理論への理解
治療同盟への潜在力1(セッション内の証拠)
治療同盟への潜在力2(セッション外の証拠)
問題の慢性度
防衛的操作
焦点性
治療に対する楽観主義・悲観主義)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中