ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 福祉社会学研究 16(2019)

  • 福祉社会学研究 16(2019)

福祉社会学研究 16(2019)

  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-7620-2910-3
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,100 (税込:2,310

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
特集1 「市民」の境界と福祉―「非‐市民」と「部分的市民」から考える(シティズンシップと福祉の領域を切り開く―特集によせて
外国人の「シティズンシップ」―行政運用と社会運動の間に生まれる市民権
部落の不可視化と製作過程―デニズン化とシティズンシップ
「障害者」と/のシティズンシップ―排除と周辺化の構造とメカニズム)
特集2 市民福祉の制度化(市民福祉の制度化を振り返る
「福祉」領域における市民の活動の制度化と再生
地域包括ケアシステムにおける住民主体・互助としての生活支援―政策理念と基盤整備の現実
生活困窮者支援における「市民福祉」の制度化をめぐる一考察)
自由論文(貧困母子世帯における生活保護の受給の規定要因―なぜ貧困なのに生活保護を受給しないのか
社会的孤立に対する子ども期の不利の影響―「不利の累積仮説」の検証)
書評(桜井啓太『“自立支援”の社会保障を問う―生活保護・最低賃金・ワーキングプア』
大和礼子『オトナ親子の同居・近居・援助―夫婦の個人化と性別分業の間』
杉浦真一郎『介護行財政の地理学―ポスト成長社会における市町村連携の可能性』
野辺陽子『養子縁組の社会学―“日本人”にとって“血縁”とはなにか』
山本馨『地域福祉実践の社会理論―贈与論・認識論・規模論の統合的理解』
澁谷智子『ヤングケアラー―介護を担う子ども・若者の現実』)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 福祉社会学研究 16(2019)
  • 福祉社会学研究 16(2019)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中