ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東アジア遭遇する知と日本 トランスナショナルな思想史の試み

  • 東アジア遭遇する知と日本 トランスナショナルな思想史の試み

東アジア遭遇する知と日本 トランスナショナルな思想史の試み

  • 桂島宣弘/編 長志珠絵/編 金津日出美/編 沈煕燦/編 【長志珠絵】1962年生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科教授、日本近現代史、ジェンダー史。主要業績に『新体系日本史9.ジェンダー史』(共著、山川出版社、2014年)ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    374p
  • ISBN
    978-4-89259-843-2
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1部 総論(“東アジア”―どのようにみるべきか、どのように作っていくべきか
ライシャワー(Edwin O.Reischauer)と戦後アメリカの地域研究―韓国学の位置を考える
グローバル時代における哲学言説と人文学
近代中国知識人の「東方」―晩年梁啓超の思想的転回を例に)
第2部 近世思想史研究の新視点(十八世紀中期の儒学研究と明代学術の受容
近世日本の儒教儀礼と儒者―「東アジア思想史」のための試論的考察
前期水戸学における神器論の波紋―栗山潜鋒の諸言表をめぐって
十八世紀対馬における「藩」言説―朝鮮における対馬「藩屏」認識言説との交錯を通じて
吉益東洞の医学思想の再検討―「万病一毒」論を中心に)
第3部 変容する知と移動(京城帝国大学法文学部の哲学関連講座をめぐる問題提起―帝国大学との関連性を重視して
近代歴史学と脱植民地主義―植民地朝鮮における「正史」編纂の試み
史料蒐集と“植民地”―『朝鮮史』史料採訪「復命書」を中心に
近代沖縄の内地修学旅行記録を読む―一九一〇年『三府十六県巡覧期』について
須永元をめぐる朝鮮人亡命者支援―甲甲政変関係者について)
第4部 宗教/知識/権力(一九二〇年代後半における「如来教」の“創出”―石橋智信の研究から
植民地期朝鮮キリスト教会の「自立」をめぐる諸相―一九三〇年代の神社参拝拒否問題と「自立」
植民地朝鮮の新宗教と日本仏教―新都内の真宗同朋教会と金銅大道を中心に
「民族心理(学)」と植民統治権力の弁証―東郷実小論
戦後京都における国民教育論の展開と「丹後の教育」の発見)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 東アジア遭遇する知と日本 トランスナショナルな思想史の試み
  • 東アジア遭遇する知と日本 トランスナショナルな思想史の試み

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中