ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 楽しかったね、ありがとう

  • 楽しかったね、ありがとう

楽しかったね、ありがとう

  • ページ数
    192p
  • ISBN
    978-4-344-03476-1
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛すべき存在を介護し、見送ったあとに、心に残った想いとは。15歳の犬から25歳の猫まで、20人の飼い主を取材し、自らも14歳になる豆柴・センパイと9歳の保護猫・コウハイと暮らす著者が綴る、犬と猫と人の、それぞれの物語。
目次
寂しいけれど、悲しくはない―ジャム22歳・メス(雑種猫)
日常のひとつひとつが宝物―ワンダー17歳・オス/チャム15歳・オス(ともにジャックラッセルテリア)
最期の会話は肉球で―ミーシャ21歳・メス/ハービー20歳・オス(ともに雑種猫)
おもしろかったことを思い出して笑いたい―モンタ19歳・オス(ビーグル)
合わせるのでなく、合わせてもらうのでもなく―美香19歳・メス/省17歳・オス(ともに雑種猫)
その日まで、自分のペースで過ごして―さくら17歳・メス/まる19歳・メス(ともに雑種犬)
生と死は地続き。生きてきた一部に死がある―黄金19歳・メス(雑種猫)
「食べたい」は「生きたい」―クローバー19歳・オス(ミニチュアダックスフント)
猫は生きるためだけに生きている―うらん20歳・オス(雑種猫)
最期まで命を使いきった―ルビー18歳・メス(雑種犬)〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 楽しかったね、ありがとう
  • 楽しかったね、ありがとう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中