ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

  • ブレイディみかこ/著 保育士・ライター・コラムニスト。1965年福岡市生まれ。県立修猷館高校卒。
    音楽好きが高じてアルバイトと渡英を繰り返し、1996年から英国ブライトン在住。
    ロンドンの日系企業で数年間勤務したのち英国で保育士資格を取得、「最底辺保育所」で
    働きながらライター活動を開始。
    2017年に新潮ドキュメント賞を受賞し、大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞
    候補となった『子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から』
    (みすず書房)をはじめ、著書多数。

  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-10-352681-0
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,350 (税込:1,485

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • Yahoo!ニュース|本屋大賞2019
    ノンフィクション本大賞受賞!
    第73回毎日出版文化賞特別賞受賞!
    第2回八重洲本大賞受賞!

    ◎西加奈子さん
    隣に座って、肩を叩いて、「一緒に考えない」
    そう言ってくれました。
    絶対に忘れたくない、大切な友達みたいな本です。

    ◎中川李枝子さん
    子どもの感覚に、母ちゃんとともに脱帽。
    先生方にも、ぜひ読んで欲しい。

    ◎三浦しをんさん
    これは「異国に暮らすひとたちの話」ではなく、
    「私たち一人一人の話」だ。

    ◎高橋源一郎さん
    思わず考え込む。あるいは、胸をうたれる。
    そして最後に、自分たちの子どもや社会について
    考えざるをえなくなる。


    大人の凝り固まった常識を、
    子どもたちは軽く飛び越えていく。
    世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、
    落涙必至の等身大ノンフィクション。

    優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの
    イカした「元・底辺中学校」だった。
    ただでさえ思春期ってやつなのに、毎日が事件の連続だ。
    人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。
    時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。
    世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子と
    パンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。

    連載中から熱狂的な感想が飛び交った、私的で普遍的な「親子の成長物語」。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

新潮社の社内でも大反響! 部署の垣根を超え、たくさんの社員が今作の虜に! !
ほんの一部ですが、掛け値なしの熱い感想をご紹介! ! !

◎子育てとは親の覚悟と子への信頼につきると強く思います。多様な環境の中、
みかこさんが腹をくくって本音で息子さんと接し、息子さんはそれをちゃんと
受け止めて、ぐんぐん成長していく姿がすばらしく、胸がいっぱい涙なくては読めません。
思春期子育て世代必見の書です。(出版部一般職Y・40代)

◎「答え」が安売りされる時代に、それって本当! ?と立ち止まらせてくれる本。
私もこういうお母さんが欲しかったな。本当は誰もが真剣に考えないといけない問題を、
率直に、気持ちよく、(おそらく)誰のことも断罪せず、傷つけずに書けるなんて、
ブレイディさん凄すぎ! (フォーサイト編集部K・20代)

◎「彼」がしなやかな感性で自分の答えを導き出す姿に、子どもだってディープに
「社会」と対峙してるんだ! と衝撃を受け、子育てちょっとナメてたかも…と反省。
これから多感な時期を迎える我が子。書名を呪文のように唱えて、一緒に考えられる
母ちゃんを目指そうと思います。(芸術新潮A・30代)

◎一度読み始めたら止まらない。とても12歳とは思えない考え方をする大人っぽい面と、
音楽に熱中して変な「ボンサイの歌」を作って歌ったりする子供らしい面のある息子さん。
そんな息子さんと正面からきちんと向き合うみかこさんとの親子関係がまた素敵。
彼の成長を見届けたくなります! (広告部I)

◎イエローでホワイトで、ちょっとブルー。きれいな色。爽やかな話に違いない。
そう思って読んだら……がつん。偏見。差別。実際にその渦の中にいると、
こんなにも心で受けるものが違うのか。私のエンパシー、まだまだだな。
ちょっと泣いてしまいました。(出版企画部一般職・30代)

◎差別、格差、分断といった進行形の問題を「他人事」として考えないようにしていた私は、
著者の11歳の息子のフラットで豊かな「想像力」に打ちのめされました。
「君は僕の友だちだからだよ」――彼の一言がずっと胸に響いている。(企画編集部T・30代)

◎この親子、とにかく最高! パンクで熱い母ちゃんと、ときにクールに母を諭す11歳の息子。
自分を取り巻く雑多で厳しい世界で、何が正しく何が大切かを見極めようとする彼の眼差しに
心打たれ、いつの間にか一緒に考えている自分に気づくはず。心から思います、こんな息子がほしかった!
(営業部I・40代)

etc.etc・・・

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中