ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 六角定頼 武門の棟梁、天下を平定す

  • 六角定頼 武門の棟梁、天下を平定す

六角定頼 武門の棟梁、天下を平定す

  • シリーズ名
    ミネルヴァ日本評伝選
  • ページ数
    329,10p
  • ISBN
    978-4-623-08639-9
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 六角定頼(一四九五~一五五二)近江の戦国大名。足利将軍家の後盾となって中央政界に大きな影響力を持ち、北近江浅井氏をも支配下に置いた六角定頼。最盛期には天下人ともいえる存在だった人物の初の評伝。近江に盤踞した謎の佐々木六角一族の足跡を辿る。
目次
第1章 父高頼と兄氏綱―戦国大名六角氏の始まり(高頼の登場
応仁の乱
幕府との和睦から六角征伐へ
幕府との宥和
氏綱の生涯)
第2章 定頼の登場―将軍を庇護し幕府を支える(定頼の幼少期
定頼と管領細川高国
定頼と細川晴元
将軍の庇護者定頼)
第3章 定頼の全盛―「天下人」として畿内に君臨(定頼と天文の騒乱
定頼の権勢上昇す
天下人定頼
天下の執権
定頼の晩年)
第4章 定頼の事蹟―発給文書に見るその権勢(他大名との交渉
洛中の相論
領国近江の内と外)
第5章 子義賢と孫義弼―後継者の苦闘、そして戦国大名六角氏の終焉(定頼の後継者
家督相続
崩壊の序曲
観音寺騒動から信長の上洛へ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 六角定頼 武門の棟梁、天下を平定す
  • 六角定頼 武門の棟梁、天下を平定す

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中