ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国民皆兵とドイツ帝国 一般兵役義務と軍事言説1871~1914
  • 国民皆兵とドイツ帝国 一般兵役義務と軍事言説1871~1914

  • 国民皆兵とドイツ帝国 一般兵役義務と軍事言説1871~1914
  • 国民皆兵とドイツ帝国 一般兵役義務と軍事言説1871~1914

国民皆兵とドイツ帝国 一般兵役義務と軍事言説1871~1914

  • ページ数
    212,56p
  • ISBN
    978-4-7791-2588-1
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ドイツ帝国創成の軍事力を支えたものが一般兵役義務であったが、本書では国民皆兵に伴う社会的な繋がりによって形成された様々な言説についてドイツ帝国内におけるその位置と変化を検討する。
目次
ドイツ第二帝政期における一般兵役義務言説
第1部 ドイツ統一戦争直後の一般兵役義務言説(義務・平等・安定―ドイツ統一戦争直後の帝国議会における一般兵役義務言説
比較のなかの軍隊―独仏戦争後の一般兵役義務とその正当化)
第2部 軍事テクノクラートの思考様式と軍事言説の急進化(軍事テクノクラートの世界内におけるフォルクスクリークと兵力動員―クラウゼヴィッツ『戦争論』を手掛かりに
「外敵」への対応と戦史叙述の政治化―コルマール・フォン・デア・ゴルツを中心に
「国内の敵」と「外敵」に対する二正面戦略―一般兵役義務をめぐる言説の転換と軍事雑誌上の言説の急進化
「外敵」に対する生存競争の道具としての精神―フリードリヒ・フォン・ベルンハルディを中心に)
補論 軍事的オリエンタリズム―ドイツ帝国における一般兵役義務と東洋言説

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中