ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 対話の場をデザインする 続 安全な社会をつくるために必要なこと

  • 対話の場をデザインする 続 安全な社会をつくるために必要なこと

対話の場をデザインする 続 安全な社会をつくるために必要なこと

  • 八木絵香/著 1972年生まれ。東北大学大学院工学研究科博士課程後期修了 博士(工学)。大阪大学COデザインセンター准教授。早稲田大学大学院人間科学研究科修了後、民間シンクタンクにおいて、災害心理学研究に従事。2002年~2005年、東北大学に社会人大学院生として在籍。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 巻の書名
    安全な社会をつくるために必要なこと
  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-87259-582-6
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2005年JR福知山線事故の「空色の会―JR福知山線事故・負傷者と家族等の会」の対話記録。被害者同士、被害者とJR西日本社員、被害者と別の事故の被害者、事故調査専門家と被害者、さまざまな関係にある人々は対話の場で何を語ったのか。
目次
第1章 JR福知山線事故―負傷者とその家族(JR福知山線事故と空色の会
空色の会と筆者の出会い
あるひ突然「被害者」とよばれるようになるということ)
第2章 「被害」とは何か、「回復」とは何か(被害者の孤立―そこから始まった自助ネットワークづくり
負傷者とその家族であるということ
対話を通じた視点の交錯―自らの経験の客体化にむけて)
第3章 専門家と被害者の「交点」から安全を考える(公的事故調査機関の成立と、被害者のかかわりの萌芽
被害者の声に応答することの意味
専門家の視点と被害者の視点の「交点」)
第4章 対話を通じて「事故現場」のあり方を考える(事故現場保存までの経緯
何が問題となるのか、何が必要なのか
事故現場をめぐる「少人数の場」という取り組み)
第5章 媒介の専門家であるということ(対話の場をつくる実践者に必要なこと
「二・五人称の視点」をもつ専門家として)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 対話の場をデザインする 続 安全な社会をつくるために必要なこと
  • 対話の場をデザインする 続 安全な社会をつくるために必要なこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中