ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に

  • 石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に

石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に

  • ページ数
    271p
  • ISBN
    978-4-88303-477-2
  • 発売日
    2019年05月

4,200 (税込:4,536

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マルクスによって記述された「アジア的生産様式」をめぐる論争は、古代から近現代にいたる日本「特有」の性質の究明を目的としておこなわれてきた。この論争を緒として、歴史家石母田正と京大日本史学のかかわりを中心に戦後歴史学の軌跡をたどり、時代区分なき政治史、形骸化した実証史学といった現在の歴史学への反省のうえに、マルクス主義歴史学の可能性を問いなおす。
目次
第1部 石母田正と戦後マルクス主義史学―アジア的生産様式論争を中心に(生い立ちから静岡大学史学専攻設立まで
京都大学大学院時代
『資本制生産に先行する諸形態』と京大国史学
『諸形態』と石母田正の『日本の古代国家』
石母田史学とは何か)
第2部 内在化する「アジア」という眼差し―アジア的生産様式論争と石母田正(方法論的アプローチ―他者の眼差しと主体化過程
知識人と大衆という問題設定―福本イズムから転向問題へ
停滞論から特殊性論へ―『日本歴史教程』から『中世的世界の形成』へ
石母田正と第三次歴史教程グループ―三木清の遺産
石母田正のアジア的古代論―世界史の基本法則と歴史の余白
挫折の経験―安良城盛昭と石母田正
東アジア論への展開―石田田正『日本の古代国家』)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に
  • 石母田正と戦後マルクス主義史学 アジア的生産様式論争を中心に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中