ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 会計学と租税法の現状と課題

  • 会計学と租税法の現状と課題

ポイント倍率

会計学と租税法の現状と課題

  • ページ数
    479p
  • ISBN
    978-4-419-06611-6
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,616

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、会計学と租税法における最新の検討課題・研究テーマが多種多様・多方面にわたって論議・考察されています。
目次
第1部 会計学における現状と課題(わが国財務会計制度における国際化の経緯と課題
ミクロ財務的観点とマクロ経済的観点の統合―フランス型会計システムの示唆するもの
わが国からみた今後のIFRSとの対峙―菊谷学説からの知見
建築物の所有権と工事契約会計
私立大学会計の本質と課題 ほか)
第2部 租税法における現状と課題(国際課税における現状と課題―国際的二重非課税に対する対応
生命保険契約に関する課税上の取扱い―逆ハーフタックスプランを中心として
国税通則法改正以後の税務調査手続の問題点―質問検査権の行使と行政指導
法人税法における貸倒引当金の意義
消費課税の現状と課題―欧州諸国の議論を中心として ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 会計学と租税法の現状と課題
  • 会計学と租税法の現状と課題

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中