ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 入門地域付加価値創造分析 再生可能エネルギーが促す地域経済循環

  • 入門地域付加価値創造分析 再生可能エネルギーが促す地域経済循環

ポイント倍率

入門地域付加価値創造分析 再生可能エネルギーが促す地域経済循環

  • 諸富徹/編著 1968年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。京都大学博士(経済学)。現在、京都大学大学院経済学研究科兼地球環境学堂教授。著書に『環境税の理論と実際』(有斐閣、2000年、NIRA大来政策研究賞、日本地方財政学会佐藤賞、国際公共経済学会賞を受賞)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    279p
  • ISBN
    978-4-535-55920-2
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 再生可能エネルギーの普及拡大が日本の地域の持続可能な発展にもたらす効果を定性的・定量的に評価する理論と分析方法とは?「再エネの地域付加価値創造分析を自治体レベルで活用する」などを取り上げる。
目次
序章 地域経済循環とエネルギー自治
第1章 地域付加価値創造分析の理論
第2章 地域付加価値創造分析のケーススタディ
第3章 再エネの地域付加価値創造分析を自治体レベルで活用する―日本でのケーススタディからの示唆
第4章 エネルギーまちづくりのガバナンス―オレゴン州・ポートランド市における地域的実験の制度設計
第5章 再エネ条例施行後におけるエネルギー自治の展開―長野県飯田市を事例として
第6章 スノーリゾート地域の再生に向けた小水力発電の可能性―長野県白馬村を事例に
第7章 再生可能エネルギーと地域金融―小水力発電の実践を通じて得られる示唆
第8章 日本山村における地域電化と地域社会、住民の対応―1909~1968
第9章 地域分散型・地域主導型エネルギーシステムとその担い手―社会的企業(social enterprise)論からの考察

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 入門地域付加価値創造分析 再生可能エネルギーが促す地域経済循環
  • 入門地域付加価値創造分析 再生可能エネルギーが促す地域経済循環

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中