ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4

  • 察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4

  • 三上康明/〔著〕 三上 康明
    神奈川県出身。2006年『ストーンヒートクレイジー』でデビュー

  • シリーズ名
    ヒーロー文庫
  • ページ数
    302p
  • ISBN
    978-4-07-438127-2
  • 発売日
    2019年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

650 (税込:715

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 王族の継承争いに介入!? 仲間が死の危機に晒される!? 血みどろの権力争いの裏で、隠密の少年が大活躍!(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

アインビストから再びボーンソニア王国へ戻ってきたヒカルは、無実の罪を着せられているラヴィアに白昼堂々と歩けるようになってほしいと強く思い始める。王宮が次期王位継承争いで混乱している今ならば無実の罪を晴らす方法があるかもしれないと考え、ヒカルは王宮内に忍び込み、王女クジャストリアと接触する。そこで知ったのは、王女がローランドの知り合いだったという事実。さらに、クジャストリアが王位に即くためには三家ある公爵家すべての賛成が必要なのだという。しかしそのうちの一つ、ナイトブレイズ家の次期当主は原因不明の病に伏せており、父親の公爵は執務もままならない。ローランドとの縁もあり、事態の収拾に手を貸すことにしたヒカルは、病の原因を究明するために公爵家に向かうのだが―。

ページの先頭へ

閉じる

  • 察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4
  • 察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中