ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自民党 価値とリスクのマトリクス
  • 自民党 価値とリスクのマトリクス
  • 自民党 価値とリスクのマトリクス

  • 自民党 価値とリスクのマトリクス
  • 自民党 価値とリスクのマトリクス
  • 自民党 価値とリスクのマトリクス

自民党 価値とリスクのマトリクス

  • 中島岳志/〔著〕 中島 岳志
    1975年大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。京都大学大学院博士課程修了。北海道大学大学院准教授を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専攻は南アジア地域研究、近代日本政治思想。2005年、『中村屋のボース』で大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞受賞

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-909048-05-9
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 安倍晋三、石破茂、菅義偉、野田聖子、河野太郎、岸田文雄、加藤勝信、小渕優子、小泉進次郎、9人の首相候補政治家の言葉、著作を徹底分析。これからの政治を、価値とリスクのマトリクスで読み解く。
目次
1 安倍晋三 アンチ・リベラルと親米
2 石破茂 自立と持続可能性
3 菅義偉 忖度政治と大衆迎合
4 野田聖子 多様性と包摂
5 河野太郎 徹底した新自由主義者
6 岸田文雄 敵をつくらない「安定」感
7 加藤勝信 リスクの社会化を実現するために
8 小渕優子 財政再建とセーフティネット
9 小泉進次郎 「自助」の限界

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

『保守と立憲』中島岳志最新刊!

いま権力の中心にある《自民党》を読み解くための必読書が登場!

安倍晋三、石破茂、菅義偉、野田聖子、河野太郎、岸田文雄、加藤勝信、小渕優子、小泉進次郎。9人の首相候補政治家の言葉、著作の分析を積み重ね、現在の自民党の本質をあぶり出す。「リベラル保守」を掲げる政治学者による、これからの日本の選択を考える際の重要な指標となる画期的自民党論。
「右」「左」では表しきれない政治のあり方を、「価値」と「リスク」のマトリクスで捉え直す!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中