ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • BIOSTORY Vol.31

  • BIOSTORY Vol.31

予約商品

BIOSTORY Vol.31

  • ISBN
    978-4-416-61924-7
  • 予約発売日
    2019年05月28日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 特集は『イノシシと人-日本列島からの展望-』。日本列島におけるイノシシと人との多様なかかわり方を展望し、両者の共生を考える。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

【特集】
「イノシシと人-日本列島からの展望-」

北海道から沖縄の島々までの日本列島。
この南北に延びる列島を舞台に、イノシシと人間の多様なかかわりが展開してきた。
各地の縄文遺跡からはイノシシの骨やそれにまつわる動物形土製品や土器が出土する。
本来イノシシの分布域ではない北海道や離島からも何故、それらの遺物が出土するのか。
これらは狩猟や信仰、食料、飼育をとおしてのイノシシとのかかわりを想い起こさせる。
また農耕発展に伴いイノシシもまた作物を食べに来るため、彼らとの壮絶な攻防が繰り返されてきた。
現在、イノシシが市街地へ侵入し、生息不向きな豪雪地帯にも現れ、さらに海を泳ぎ侵入した離島で被害を拡大させている一方で、
ジビエ料理として貴重な食料源としている地域もある。

本特集では日本列島における過去、現在、将来にわたるイノシシと人とのかかわり方を展望することから、
両者の共生の方法について考える。           

I総論 黒澤弥悦(東京農業大学)・池谷和信(国立民族学博物館)
II先史・歴史 
土器と祈りにみるイノシシ 新津 健(山梨県考古学協会)
運ばれた縄文イノシシ 山崎京美(いわき短期大) 
III現在 
イノシシ猟の現在―西表島の事例― 中沢嗣地(竹富町猟友会)
猟師との交流をとおしてのイノシシ猟―西表島の事例― 伊藤真穂(広島大学)
台湾のイノシシ猟 野林厚志(国立民族学博物館)
シシ垣と侵入するイノシシの生態 高橋春成(奈良大学)
日本列島のイノシシ害 小寺祐二(宇都宮大学)
現代のイノシシの食文化  佐野晶子(家畜学研究所)
イノブタ問題 西堀正英(広島大学) 
IV総括 黒澤・池谷

【連載】
〇珍品図鑑
〇論点
〇巻頭言
〇自然を読む
〇フィールドレポート海外
〇フィールドレポート国内
〇必読書  

【短期連載】
〇地域の和食

【不定期連載】
〇生き物のいま

【投稿原稿】【学会情報】ほか(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • BIOSTORY Vol.31
  • BIOSTORY Vol.31

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中