ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代ベトナム高等教育の構造 国家の管理と党の領導

  • 現代ベトナム高等教育の構造 国家の管理と党の領導

現代ベトナム高等教育の構造 国家の管理と党の領導

  • 関口洋平/著 関口 洋平
    1986年生まれ。京都大学教育学部卒業。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。比較教育学専攻。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、広島大学教育開発国際協力研究センター研究員

  • ページ数
    318p
  • ISBN
    978-4-7989-1547-0
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,900 (税込:4,290

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 拡大する大学の本質(自律性)と国家・党の多元的な関与との葛藤―。フランスによる植民地支配や南北統一による社会主義化などの社会変動を経験したベトナムでは、1986年のドイモイ政策以降、中央集権的計画経済から市場経済への「体制移行」が進んでいる。社会主義国家における市場原理導入というある種の矛盾を孕んだこの「体制移行」は、ベトナムの高等教育において、民営大学の多元化/国家や共産党の関与という複雑な状況を生み出した。中国・ロシアという体制的な類似性の高い国家との比較分析や、大学管理に関わる非教育行政部門といった独創的な着眼点から、ドイモイ政策以降今日に至るベトナム高等教育の構造変化を通時的に明らかにした気鋭の労作。
目次
序章 研究の目的と課題
第1章 体制移行国における高等教育の構造変動:ロシアと中国を事例として
第2章 「国家社会主義体制」のベトナムにおける高等教育の構造
第3章 ベトナム高等教育における民営大学の管理運営改革
第4章 ベトナム高等教育における公立大学の管理運営改革
第5章 ベトナムの大学管理運営における多数省庁所管方式の構造と論理
第6章 ベトナムの大学管理運営における党による関与の構造と論理
第7章 現代ベトナムにおける高等教育の構造改革の論理
終章 「体制移行」という視角からみえるもの

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代ベトナム高等教育の構造 国家の管理と党の領導
  • 現代ベトナム高等教育の構造 国家の管理と党の領導

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中