ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦後日本ジャーナリズムの思想

  • 戦後日本ジャーナリズムの思想

戦後日本ジャーナリズムの思想

  • 根津朝彦/著 1977年生まれ。総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻博士後期課程修了。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員PD、国立歴史民俗博物館機関研究員を経て、現在 立命館大学産業社会学部メディア社会専攻准教授。主要業績『戦後『中央公論』と「風流夢譚」事件――「論壇」・編集者の思想』(日本経済評論社、2013年)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    392,8p
  • ISBN
    978-4-13-026249-1
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,720

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
戦後日本ジャーナリズム史の革新
第1部 日本近現代のジャーナリズム史の特質(「不偏不党」の形成史
一九六〇年代という報道空間)
第2部 ジャーナリズム論の到達点(ジャーナリズム論の先駆者・戸坂潤
荒瀬豊が果たした戦後のジャーナリズム論)
第3部 ジャーナリストの戦後史(企業内記者を内破する原寿雄のジャーナリスト観
「戦中派」以降のジャーナリスト群像)
第4部 戦後ジャーナリズムの言論と責任(『世界』編集部と戦後知識人
清水幾太郎を通した竹内洋のメディア知識人論
八月一五日付社説に見る加害責任の認識変容)
日本社会のジャーナリズム文化の創出に向けて
付録 近現代を結ぶメディアのキーワード

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦後日本ジャーナリズムの思想
  • 戦後日本ジャーナリズムの思想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中