ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自治基本条例 法による集合的アイデンティティの構築

  • 自治基本条例 法による集合的アイデンティティの構築

自治基本条例 法による集合的アイデンティティの構築

  • 阿部昌樹/著 大阪市立大学大学院法学研究科教授。1959年、群馬県高崎市生まれ。京都大学大学院法学研究科博士後期過程中途退学後、京都大学法学部助手、大阪市立大学法学部助教授等を経て、2002年より現職。また、2014年より大阪市立大学都市研究プラザ所長を兼任。専攻は法社会学。主な著書に『ローカルな法秩序』(勁草書房・2002年)ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-8332-2529-8
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 自治基本条例というプロジェクト
第2章 自治基本条例の普及とその背景
第3章 自治基本条例における「協働」への指向
第4章 自治基本条例の地域への定着
第5章 自治基本条例のインパクト
第6章 自治基本条例が創り出す地域社会

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 自治基本条例 法による集合的アイデンティティの構築
  • 自治基本条例 法による集合的アイデンティティの構築

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中