ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 組織としての生命

  • 組織としての生命

組織としての生命

  • シリーズ名
    慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄附講座 生命の教養学 15
  • ページ数
    227p
  • ISBN
    978-4-7664-2598-7
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 慶應大学の人気講座を書籍化。生命を一つの組織と捉え、生物学から哲学分野まで理系・文系問わず様々なジャンルからアプローチする。(「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    4月24日→5月20日
目次
細胞から個体へつなぐ組織としてのルール
生存戦略としての多様性
スポーツ組織としての生命
企業組織の寿命
生命現象を組織として理解する
昆虫の社会―協力と裏切りがうずまく組織
人類進化の群れ・集団・組織
慣習としての生命/出来事としての生命―生命・生活・生存
生命体としての軍隊
宗教の組織と政治の組織
現象と自由

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「生命」の意味を限りなく広く捉えていく「生命の教養学」。「生命は組織である」「組織は生命である」というテーマをもとに、さまざまな組織体を一つの生命体ととらえ、論じる。今回の「組織としての生命」の各論は、生命体をつくるための細胞という生物学的なアプローチから出発し、企業組織、スポーツ、遺伝子制御ネットワーク、昆虫の社会、人類の進化、ドイツ文学、軍隊、宗教と国家、哲学などのジャンルを生命体として取り上げ、生命という概念を理解できるように試みる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 組織としての生命
  • 組織としての生命

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中