ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 笑って泣いて日が暮れて 江戸叢書の町びとたち

  • 笑って泣いて日が暮れて 江戸叢書の町びとたち

笑って泣いて日が暮れて 江戸叢書の町びとたち

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-7807-1922-2
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸文政年間(一八一八~一八三一年)の、佃島や築地、日本橋、上野、浅草などを舞台とした侍、町人たちの生活ぶりや地誌を叙述し、当時を実感させてくれる読み物、全一二巻の『江戸叢書』現代語訳
目次
二六夜の舟行―花火之夜景
佐竹家の人餝―菅沼家鮑の掟
信楽の狂歌―村田屋の一興
日輪寺の群参―假宅の全盛
兒輩の頭瘡―白禿の呪法
閻浮壇金掘出しの観世音
堀の内妙法寺―弟子三日晒
両国橋の河原―駱駝獣の徳失
南蔵院薬師競容の力持
深川佃田町―亀井家の林泉人丸の社〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 笑って泣いて日が暮れて 江戸叢書の町びとたち
  • 笑って泣いて日が暮れて 江戸叢書の町びとたち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中