ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「異人」としての子供と首長 キプシギスの「知恵」と「謎々」

  • 「異人」としての子供と首長 キプシギスの「知恵」と「謎々」

「異人」としての子供と首長 キプシギスの「知恵」と「謎々」

  • ページ数
    240p
  • ISBN
    978-4-906279-16-6
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • キプシギスでは、子供は徐々に発達・成長して大人になるのではない。加入礼を受け、自由な飛躍に遊ぶ子供の論理である「謎々」を脱して一気に「男」に変身し、何事も年長者に伍そうと激しい気概と強烈な矜持を示すようになる。民族の運命に殉じる利他的な「知恵」に俄かに覚醒したのだ。だが、首長は加入礼で覚醒し切れなかった「謎々者」から選ばれ、お伽噺のヒーロー紛いの「謎々」を弄しては民族の危機を救ってきた。実は、存立基盤の弱い小民族が編み出した、社会の安寧と未曾有の危機への対処を両立させる、独特の柔軟な社会構造がここにある。では、「謎々」を生きる子供と首長が共有する「異人」性とは、一体何か。この最後の謎の答が、本音に詰まっている。
目次
第1章 「知恵」と「謎々」―キプシギス文化の大人と子供(大人と子供
年齢組=年齢階梯複合体系と子供 ほか)
第2章 加入礼と炸裂する家族や共同体の亀裂(キプシギスと加入礼
近代化と加入礼 ほか)
第3章 加入礼の学校と公教育の学校―その「子供」観(加入礼と変身
反抗と同調の隠れた弁証法 ほか)
第4章 異人と民族・国家―マージナルマンの近代(リーダー、マージナルマン、言葉の力
キプシギスの「世紀末」と体制の選択 ほか)
第5章 キプシギス人行政首長再考―「拡散的専制論」批判(ケニア「第二共和制」への道
行政首長―生き伸びた植民地の遺制 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「異人」としての子供と首長 キプシギスの「知恵」と「謎々」
  • 「異人」としての子供と首長 キプシギスの「知恵」と「謎々」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中