ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 授業に活かす理科教育法 中学・高等学校編 新訂
  • 授業に活かす理科教育法 中学・高等学校編 新訂

  • 授業に活かす理科教育法 中学・高等学校編 新訂
  • 授業に活かす理科教育法 中学・高等学校編 新訂

授業に活かす理科教育法 中学・高等学校編 新訂

  • ページ数
    288p
  • ISBN
    978-4-487-81244-8
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 楽しく分かる理科授業を目指して。大学での理科教育法のテキストに、現場での授業づくりの手がかりに、活かせる一冊。
目次
序章 これからの理科教育
第1章 楽しく分かる理科授業とはどんなものか?
第2章 そもそも理科教育の目的・目標は?
第3章 学習指導案の書き方
第4章 授業のデザインと方法
第5章 探究活動と探究的な学習
第6章 理科の教材研究・教材開発
第7章 授業における安全管理
第8章 理科教育の周辺
巻末資料

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員
版数 新訂
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

本書は、2009年4月に発行された『授業に活かす!理科教育法』の新訂版です。
新指導要領に対応して内容を一新いたしました。

本書は、
1.大学での中高「理科教育法」関係のテキスト
2.中学・高等学校の教員が理科の授業をとらえなおすための基本図書
として執筆・編集されたものです。

本書が目指したのは、文部科学省学習指導要領の解説ではなく、また外国から借りてきた一時的流行の理科教育論を紹介するようなテキストではありません。
理科の教職免許をとりたくて教職課程を履修している学生だけではなく、中高の現場で理科の授業をされている教師の皆さんにも役立つ内容になるように編集しました。
この種の教育の本には、見慣れない用語が目立ったり、論理展開や文章がわかりにくいものが多いのですが、本書は、あくまでも、現場で授業づくりの手がかりになるように、できるだけやさしく明快に書くようにしたつもりです。
わが国には、小・中・高の現場を中心に、楽しくわかる理科教育(自然科学教育)の実践・研究の誇るべき伝統と実績があります。
わが国の教員たちがこれまでに営々と築き上げてきた、それらの伝統と実績を踏まえた有効性のある理論と実践を、普通の言葉で語ろうとしました。
編集上、メインに据えたのは「理科の授業に活かせる」ということです。
自然および自然科学、教員、子どもの三者の格闘としての理科の授業について、すぐれた授業のイメージを喚起し、そのための教材研究や授業展開の技術やそれらの周辺の重要な事柄を伝えようと努めました。
本書の執筆者の多くは、小中高の現場出身であったり、いまも現場で授業を持ち、現場と密着して研究を進めたりしています。
教材を自分で選び、構成し、手づくりの教材で授業をするといった体験をもとに、教材づくり、授業づくりにかかわってきました。
大学で理科教育や教育方法を講じるとき、このような体験で得た創造的な喜びを学生諸君に伝えようと努めてきました。
また、教員対象の講座、講演会でも、空理空論にならないように、いつも理科の授業づくりの手がかりになるような理論や授業論、具体的な教材を紹介してきました。
私たちは、理科教育について完全に一致した考えを持っているわけではありません。
しかし、次のようなことを読者のみなさんに伝えたいという思いは共通しています。

・理科教育を構成する重要な要素は自然および自然科学、教員、子どもの三者であるということ。
・理科教育が、子どもにとっても教員にとっても、本当はとても素敵でおもしろいものであるということ。
・理科教育は、子どもたちが自然科学の基本的な概念や法則を体系的に学び、さらには自然界の全体像を構造的、歴史的にとらえ、それによって科学的自然観を身につけるものであるということ。

以上の思いをもって、学生のよき手引き書として、また教員のみなさんが理科授業を行うにあたっての手がかりの書として活用いただければ、執筆者としては嬉しい限りです。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中