ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 18-19世紀ビルマ借金証文の研究 東南アジアの一つの近世

  • 18-19世紀ビルマ借金証文の研究 東南アジアの一つの近世

18-19世紀ビルマ借金証文の研究 東南アジアの一つの近世

  • シリーズ名
    地域研究叢書 36
  • ページ数
    367p
  • ISBN
    978-4-8140-0201-6
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,280

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 王朝時代人々の間で交わされた借金証文を読み解き、歴史の中に埋もれがちな庶民の生きた姿から従来と異なる近世ビルマ像を描き出す。
目次
テッガイッから見えてくる近世ビルマ社会
第1部 借金証文とその背景(借金証文の背景―中央平野部の風土と社会経済変動
ビルマ貨幣史の中のコンバウン時代―貨幣私鋳の伝統と改革の試み)
第2部 借金担保としての人(18世紀末~19世紀の人身抵当証文―債務奴隷契約
サリン地方の人身抵当証文)
第3部 借金担保としての土地(借金証文と農地の流動化―ビャンヂャ村の事例
農地抵当証文と農地の流動)
第4部 ビルマ近世はどのような社会であったか(契約社会としてのビルマ近世社会―借金証文の実効性を支える社会システム
質入れ地をめぐる紛争の調停―地方社会における紛争解決メカニズム)
歩いて作った村の境界―19世紀中部ビルマにおける村落境界紛争とその調停

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

18‐19世紀のビルマ王朝社会、人々の間で取り交わされた様々な契約証文。テッガイッと呼ばれるこれらの証文、特に借金証文は、当時の社会経済状況を示す貴重な資料であると同時に、歴史の中に埋もれがちな庶民の具体的姿や生きる知恵を生き生きと映し出す。“絶対的君主”対“無権利の民”の二層社会を前提としてきた従来の歴史観を覆す、新しいビルマ近世像。

ページの先頭へ

閉じる

  • 18-19世紀ビルマ借金証文の研究 東南アジアの一つの近世
  • 18-19世紀ビルマ借金証文の研究 東南アジアの一つの近世

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中