ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東南アジアにおけるケアの潜在力 生のつながりの実践

  • 東南アジアにおけるケアの潜在力 生のつながりの実践

東南アジアにおけるケアの潜在力 生のつながりの実践

  • 速水洋子/編 速水 洋子
    京都大学東南アジア地域研究研究所教授。1959年生まれ。ブラウン大学大学院博士課程修了、Ph.D.(人類学)

  • シリーズ名
    地域研究叢書 35
  • ページ数
    586p
  • ISBN
    978-4-8140-0200-9
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,600 (税込:6,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東南アジアの高齢者・障害者ケアの民族誌から、「自助努力」「アクティブ・エイジング」の罠に陥らない、新たなケア原理を模索する。
目次
東南アジアにおけるケアの潜在力―生のつながりの実践
PROLOGUE 北タイでHIV陽性者とともにケアを考える―映像制作から見えたケアと関係性
第1部 グローバルとローカル制度と実践の展開
第2部 誰がケアするのか?変わりゆく家族とケアの揺らぎ
第3部 移動し往還する人々とケアの広がり
第4部 間の新たなケア・イニシアティブ―コミュニティと宗教
EPILOGUE 草の根国際交流の実践としてのケア―フィリピン田舎の小さな助産院が結ぶ日比のつながり

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

これまでの社会福祉論では、先進国が主流として扱われ、中進国や発展途上国は専らその「遅れ」が指摘されるばかりであった。しかし、東南アジアでは、超ハイペースで少子化・高齢化が進み、また移動労働などによる家族の変化の中で急速に増大するケアニーズに対して、制度整備の遅れを埋める形で、文字通り生きる実践としてのケアが立ち現れている。欧米では市場原理と個人主義へのアンチテーゼとして提起された「社会全体で担うケア」という論理が、元来、東南アジア社会には内包されているのではないか。ネオリベラリズムのもとで主張される「自助努力」や「アクティブ・エイジング」を東南アジアから捉え直し、社会に埋め込まれたケアのつながりの活性化から、新たなケア原理を模索する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 東南アジアにおけるケアの潜在力 生のつながりの実践
  • 東南アジアにおけるケアの潜在力 生のつながりの実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中