ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • バックキャスト思考とSDGs/ESG投資

  • バックキャスト思考とSDGs/ESG投資

バックキャスト思考とSDGs/ESG投資

  • 北川哲雄/編著 北川/哲雄
    青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授、博士(経済学・中央大学)。早稲田大学商学部卒業、同大学院商学研究科修士課程修了、中央大学大学院商学研究科博士後期課程修了。日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社野村総合研究所、モルガン信託銀行株式会社(現JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社)等を経て2005年より現職。経済産業省『競争戦略としてのダイバーシティ検討会』(ダイバーシティ2.0のあり方に関する検討会)座長、経済産業省『なでしこ銘柄選定委員会』委員長、内閣府『ESG投資における女性活躍情報に関する調査研究会』委員長、内閣府『女性が輝く先進企業表彰委員会』委員長、環境省『環境情報と企業価値に関する検討会』座長、環境省『環境サステナビリティ企業評価検討会』委員長、環境省・経済産業省・金融庁・日本銀行合同『ESG金融懇談会』委員、日本IR協議会『IR優良企業賞表彰委員会』委員長、日本経済新聞社『アニュアルリポートアウォード』表彰委員長、金融SDGs研究会(JAFSUS)代表理事、証券経済学会理事、日本IR研究学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    256p
  • ISBN
    978-4-495-20921-6
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 未来にむけて…企業とステークホルダーが歩む道とは?企業とステークホルダーは、持続的成長のために、どうコミュニケーションを図るべきか?バックキャスト思考に基づいた、イノベーションの予兆を感じさせる情報開示、そして投資家の視点について多面的に検討する!

    激変する環境下、企業はステークホルダーとどうコミュニケーションを図るべきか?
    バックキャスト思考に基づいたイノベーションの予兆を感じさせる情報開示について多面的に検討する。
目次
フォーキャスティングとバックキャスティング
第1編 持続可能な世界の実現―SDGs(SDGsを巡る潮流と株式投資の視点
SDGsとイノベーション―技術と市場を結ぶ「共通言語」と「羅針盤」)
第2編 株主価値と社会的価値の止揚―ESG投資(ESG投資とSDGs―投資家と企業の動機
新たなステークホルダー「フリーランス」についての一考察
ESG投資推進の課題―アセット・オーナーの役割と責任)
第3編 長期的な企業価値向上への取組み―コーポレートガバナンス(ソフトローとしてのコーポレートガバナンス・コード―マレーシアの事例を中心にして
日本企業における取締役会評価の現状と今後の課題)
第4編 企業と投資家の高質な対話―インベスター・リレーションズ(リスクアペタイトと価値創造
開示と対話を企業価値につなげるベストプラクティス
日本企業の統合報告書の成果と課題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • バックキャスト思考とSDGs/ESG投資
  • バックキャスト思考とSDGs/ESG投資

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中