ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 楽市楽座はあったのか

  • 楽市楽座はあったのか

楽市楽座はあったのか

  • 長澤伸樹/著 1983年山形県生まれ。2012年、東北学院大学大学院文学研究科アジア文化史専攻博士後期課程修了。博士(文学)。専門は日本中世史。日本学術振興会特別研究員(PD)、静岡市観光交流文化局歴史文化課学芸員を経て、現在、仙台市博物館学芸普及室嘱託。著書に『楽市楽座令の研究』(思文閣出版)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • シリーズ名
    中世から近世へ
  • ページ数
    354p
  • ISBN
    978-4-582-47744-3
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「自由」と「平和」を必要としたのは誰?“税の免除”と“規制撤廃”による“自由商売”を保障した城下町―。時代の変化を象徴する経済政策「楽市楽座」というイメージは、いま覆される。
目次
第1章 「楽市楽座」を疑う(中世史と近世史、それぞれの評価
「楽市楽座」をめぐる研究 ほか)
第2章 戦国大名と「楽市楽座」(成立の背景を見極める
「楽市」「楽座」「楽市楽座」の違い ほか)
第3章 織田信長と「楽市楽座」(軍事・政治色の強い「楽市楽座」―金森
真宗寺院と門徒の結びつきを警戒する信長 ほか)
終章 「楽市楽座」がもたらしたもの(江戸時代以降の歴史と記憶を辿る
その後の石寺 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

自由かつ平等な空間を実現する“信長の専売特許”政策とされてきた「楽市楽座令」。中世から近世の転換期に何をもたらし、何を残したのか。通史上の新しい位置づけを試みる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 楽市楽座はあったのか
  • 楽市楽座はあったのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中