ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 源氏物語と平安朝漢文学

  • 源氏物語と平安朝漢文学

源氏物語と平安朝漢文学

  • ページ数
    296,13p
  • ISBN
    978-4-585-29173-2
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平安時代の文人貴族にとって、漢の思想・文化は、ある種の規範かつ憧憬の対象としてあった。なかでも白居易の詩文は日本に舶載されて以来、広く愛され、日本の漢文世界に深く根をおろすとともに、『源氏物語』などの物語文学を育む豊かな土壌となった。仮名文学が興隆して国風文化が開花し、また一方で、漢文学的な文化潮流が再興し頂点に達した一条朝の時代―その時代に花開いた和漢の作品を丁寧に読み込み、そこにあらわれる表現を丹念に分析することで、和の内なる漢のあり方、和漢の交響を文学史上に位置付ける。
目次
1 白居易の文学と平安中期漢詩文(一条朝前後の漢詩文における『白氏文集』諷諭詩の受容
菅原文時「封事箇条」について
一条朝文人の官職・位階と文学―大江匡衡・藤原行成・藤原為時をめぐって
一条朝の文人貴族と惟宗允亮―源為憲詩を起点として
平安時代の「長恨歌」受容―金澤文庫本『白氏文集』の訓から)
2 『源氏物語』と漢詩文世界(『源氏物語』准拠の手法と唐代伝奇・中唐の文学観
『源氏物語』と中国文学史との交錯―不可知なるものへの語りの方法
『源氏物語』と史書の接点―童謡の方法)
3 白居易の文学と『源氏物語』(中唐白居易の文学と『源氏物語』―諷諭詩と感傷詩の受容について
『源氏物語』と「長恨歌」―正編から続編へ
朝顔巻の紫の上―月と人と 白居易詩のこころへ
荒廃した邸宅と狐―『源氏物語』蓬生巻と白居易「凶宅」詩
『紫式部日記』の思考の姿―白居易詩「身」と「心」詠との関連において)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 源氏物語と平安朝漢文学
  • 源氏物語と平安朝漢文学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中