ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • “彼ら”がマンガを語るとき、 メディア経験とアイデンティティの社会学

  • “彼ら”がマンガを語るとき、 メディア経験とアイデンティティの社会学

“彼ら”がマンガを語るとき、 メディア経験とアイデンティティの社会学

  • ページ数
    363p
  • ISBN
    978-4-86339-103-1
  • 発売日
    2019年02月

3,400 (税込:3,672

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マンガを読んでいる/いた“彼ら”は何者であるのか?マンガと人々の様々な関係性について、実際にマンガを読んでいる、あるいは読んでいた経験を持つ人々に対するインタビューから考察する。
目次
現代社会におけるマンガ/メディアトアイデンティティ
研究背景―マンガとはいかなるメディアか
問題意識―“彼ら”はいかにアイデンティティを構成し提示するのか
理論的検討―マンガ経験とアイデンティティの分析視座
調査方法・調査概要・分析課題―ライフストーリー・インタビューの概観から
マンガを読むという経験―マンガテクストの解釈手続き
時代経験としてのマンガ経験―『週刊少年ジャンプ』をめぐるマスター・ナラティブとモデル・ストーリー
マンガ経験とナラティブ・アイデンティティ―“彼ら”はいかにして自己の物語を構成するのか
マンガ経験とカテゴリーを基盤としたアイデンティティ―“彼ら”のアイデンティティはいかに提示され・理解されるのか
ライフストーリーにおけるマンガ経験―“彼ら”の経験の重層性と問い直し
結論―“彼ら”がマンガを語るとき、
社会学におけるマンガ研究―マンガはいかに研究されてきたのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • “彼ら”がマンガを語るとき、 メディア経験とアイデンティティの社会学
  • “彼ら”がマンガを語るとき、 メディア経験とアイデンティティの社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中