ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること

  • アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること

ポイント倍率

アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること

  • 竹内一正/著 ITジャーナリスト、ビジネスコンサルタント、作家。
    1957年生まれ、徳島大学大学院修了。
    米国ノースウェスタン大学客員研究員。
    松下電器産業(現・パナソニック)に入社、新製品開発、海外ビジネス開拓を担当。
    アップルコンピュータでMacOS、PowerMacなどのマーケティングに従事。
    メディアリング(株)代表取締役。
    2002年にビジネスコンサルティング事務所「オフィス・ケイ」代表。
    シリコンバレーのハイテク動静に精通。
    著書に、『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』(経済界)、『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』(ダイヤモンド社)、「物語でわかるAI時代の仕事図鑑」(宝島社)ほか多数。

  • ページ数
    241p
  • ISBN
    978-4-478-10726-3
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スティーブ・ジョブズが2011年に逝去して7年。アップルは売上を2倍、株価を4倍に伸ばし、2018年8月には世界初の時価総額1兆ドル企業となった。「ジョブズがいなくなったらアップルはダメになる」と、多くの専門家が悲観的予想をしていたにもかかわらず、アップルは好調に見える。なぜ、ティム・クックCEOはアップルを成長軌道に乗せることができたのか。そこに死角はないのか、その真実に迫る!


    スティーブ・ジョブズが2011年に逝去して7年。
    アップルは売上を2倍、株価を4倍に、そして2018年8月世界初の時価総額1兆ドル企業となった。
    「ジョブズがいなくなったアップルはダメになる」とほとんどの専門家が悲観的予想をしていたにも関わらず、ジョブズ亡き後のアップルは好調に推移していた。
    なぜ、ティム・クックはアップルを成長軌道に乗せることが出来たのか。
    本書はクックCEO率いるアップル社の成功要因をこれまでにない視点から分析するとともに、2019年1月のアップルショックが象徴するその未来と課題に迫る。
  • ※発売日が変更になりました
    3月26日→3月25日
目次
第1章 ジョブズ亡き後アップルは、なぜ売上を2倍、株価を4倍にできたのか
第2章 iPhoneという金鉱脈
第3章 恐るべきオペレーションのパワー
第4章 地球環境を守るための戦い
第5章 金儲けか、プライバシー保護か
第6章 ティム・クックの新たな戦い
第7章 アップルの未来

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること
  • アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中