ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「地方自治の責任部局」の研究 その存続メカニズムと軌跡〈1947-2000〉

  • 「地方自治の責任部局」の研究 その存続メカニズムと軌跡〈1947-2000〉

「地方自治の責任部局」の研究 その存続メカニズムと軌跡〈1947-2000〉

  • 谷本有美子/著 谷本 有美子
    東京生まれ。法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。博士(公共政策学)。専門は行政学・地方自治。北区(東京)職員、東京財団リサーチフェロー、東京大学21世紀COEプログラム特任研究員などを経て、現在、公益社団法人神奈川県地方自治研究センター研究員及び法政大学人間環境学部兼任講師

  • ISBN
    978-4-87555-821-7
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,850

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2000年の地方分権改革後も、なぜ中央政府に「地方自治の責任部局」が必要とされたのか?その存続のメカニズムについて、1947年から2000年までの約半世紀の歴史を手掛かりに解明する。
目次
序章 「地方自治の責任部局」存続メカニズムへのアプローチ
第1章 「代弁・擁護」機能の必要性と官僚機構の存続
第2章 「監督・統制」機能の体系化と組織基盤の確立
第3章 「牽制・干渉」機能の定型化と地位の安定
第4章 3機能の転回局面と組織目的の変容
終章 「地方自治の責任部局」存続の意味

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「地方自治の責任部局」の研究 その存続メカニズムと軌跡〈1947-2000〉
  • 「地方自治の責任部局」の研究 その存続メカニズムと軌跡〈1947-2000〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中