ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

  • 1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

  • 山口揚平/著 事業家・思想家。早稲田大学政治経済学部卒・東京大学大学院修士(社会情報学修士)。専門は貨幣論、情報化社会論。1990年代より大手外資系コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わったあと、30歳で独立・起業。劇団経営、海外ビジネス研修プログラム事業をはじめとする複数の事業、会社を運営するかたわら、執筆・講演活動を行っている。NHK「ニッポンのジレンマ」をはじめ、メディア出演多数。著書に、『知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ』(PHP文庫)、『デューデリジェンスのプロが教える企業分析力養成講座』(日本実業出版社)、『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』(KADOKAWA)、『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(ダイヤモンド社)、『10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと』(SBクリエイティブ)、『新しい時代のお金の教科書』(ちくまプリマー新書)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-8334-2313-7
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』の著者が送る、これからの働き方・生き方。

    「思考力」こそ、AIやロボットに勝てる最大の武器であるーー
    1日数時間だけ働き、おだやかに暮らしながらも、
    本当に行うべきたった一つの答えを見つける方法!

    情報や知識をいくら持っていても、きたるべきAI時代に生き残ることはできません。
    それよりも、「短時間でパフォーマンスを上げる考え方を身につけ、動くか」がカギです。
    本書では、外資系コンサルティング会社から独立し、「1日3時間しか働かない」生活を続け、
    パフォーマンスを上げ続けている著者が、
    ・考えることでどのようなメリットがあるのか
    ・短時間で成果を出す思考の技法とは何か
    について紹介。さらには、それらの考え方をもとに、
    2020年以降起こるであろう未来について大胆予測。
    来るべきアフターオリンピック(東京オリンピック後)に向けて
    今、私たちがどう動くべきかを教えてくれる指南書です。
目次
第1章 思考力はAIを凌ぐ武器になる(思考は情報に勝る
考えるとは何か?
なぜ考えるのか? ほか)
第2章 短時間で成果を出す思考の技法(日々、どのように考えれば良いのか?
物事を考えるのに役立つ4つのツール
未来をも見通す思考の哲学)
第3章 2020年から先の世界を生き抜く方法を考える(アフターオリンピック(2020年以降)の世界
お金はこの先どう変化するか?
経済にお金は必要か?―非貨幣経済の出現 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法
  • 1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中