ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平成最後のアニメ論 教養としての10年代アニメ

  • 平成最後のアニメ論 教養としての10年代アニメ

平成最後のアニメ論 教養としての10年代アニメ

  • 町口哲生/著 町口 哲生
    文芸評論家。専門は哲学・現代思想。近畿大学では映像・芸術基礎、映像・芸術論、現代の社会論を教えている。著書、翻訳書他、論文・書評など多数

  • シリーズ名
    ポプラ新書 167
  • ページ数
    356p
  • ISBN
    978-4-591-16239-2
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,210

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2010年代アニメ論の金字塔!絶望少女系、なろう系、グループアイドルもの、終末もの、ポストハードSF…『まどマギ』が切り拓き、『君の名は。』の大ヒットとともに幕を閉じつつある2010年代のアニメは、どのようなジャンルを生み出し、いかなる「世界観」を描き出してきたのか。本書は主要7作品を分析すると同時に、その全体像を総括する。「週20本以上の深夜アニメ視聴」という本気すぎる受講条件で話題を呼んだ近畿大学の講義本、堂々の完結!
目次
第1部 あの世とこの世(『君の名は。』―夢の民主化と「ディス」しないコミュニケーション
『鬼灯の冷徹』―生死の境界が喪われた時代に現れた鬼たち)
第2部 かわいいと怖い(『メイドインアビス』―ハードな世界観と一〇年代のキャラクター論
『けものフレンズ』―アニメが描く、サピエンス全史から人工生命まで)
第3部 戦争と宇宙(『幼女戦記』―「萌え」の新境地と大戦間ものブーム
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』―一〇年代ガンダムが辿り着いた祈りとしてのアニメ
『シドニアの騎士』―ポストハードSFの誕生と遠い未来学)
あとがき―教テンアニメ、そして二〇年代へ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

●本書の内容
アニメは私たちが生きる今を映す「文化」であり、
それ自体が分析に値する「学問」である。
『君の名は。』を通して日本の古典文学の豊穣な世界観に触れられるし、
『けものフレンズ』からは人類史を、
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』からはヘーゲル哲学を、
『シドニアの騎士』からはバイオテクノロジーの現在地を学べる。
「週20本以上の深夜アニメ視聴」
本気すぎる受講条件で話題を呼んだ近畿大学の講義本、完結!

●装画イラスト
『COPPELION』『CANDY & CIGARETTES』の井上智徳先生、書き下ろし!

●本書の構成
<はじめに>
救世主としての新海誠/オタク第四世代と関係性消費 等

<第1部 あの世とこの世>
第1章『君の名は。』夢の民主化と「ディス」しないコミュニケーション 
小野小町と在原業平/夢見のシステム/セカイ系の「脱構築」 等

第2章『鬼灯の冷徹』生死の境界が喪われた時代に現れた鬼たち 
「再境界化」するアニメ/多様化する「鬼」/「鬼」のエンタメ化 等

<第2部 かわいいと怖い>
第3章『メイドインアビス』ハードな世界観と一〇年代のキャラクター論
冒険ファンタジーと英雄譚/一〇年代は「間キャラクター態」の時代 等

第4章『けものフレンズ』アニメが描く、サピエンス全史から人工生命まで 
「動物擬人化」とオスの絶滅後の世界/「ヒト」とは何か/廃墟と文明崩壊 等

<第3部 戦争と宇宙>
第5章『幼女戦記』「萌え」の新境地と大戦間ものブーム 
「萎え」の向こう側にある「萌え」/「総力戦」と企業戦士 等

第6章『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』一〇年代ガンダムが辿り着いた祈りとしてのアニメ
貧困問題と少年兵/歴史のアイロニー(理性の狡知)/「ガンダム」が描いた世界 等

第7章『シドニアの騎士』ポストハードSFの誕生と遠い未来学 
「系外惑星」と「地球外生命」/三種類の「人工生命」 等

<おわりに> 
初音ミクの論じ方/VTuberの論じ方 等

<あとがき――教テンアニメ、そして二〇年代へ> 

●著者プロフィール 
文芸評論家。専門は哲学・現代思想。近畿大学では映像・芸術基礎、映像・芸術論、現代の社会論を教えている。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 平成最後のアニメ論 教養としての10年代アニメ
  • 平成最後のアニメ論 教養としての10年代アニメ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中