ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 図説十字軍

  • 図説十字軍

図説十字軍

  • シリーズ名
    ふくろうの本
  • ページ数
    139p
  • ISBN
    978-4-309-76278-4
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,100 (税込:2,268

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • すべては贖罪であった。約700年にわたってヨーロッパ・アジア世界を揺るがし、キリスト教とイスラームの軋轢の原点ともされる、世界史上最大級の軍事行動。それは聖戦か、侵略か―新たな研究成果を踏まえ、従来の十字軍観をくつがえす決定版。
目次
プロローグ 「十字軍」とは何であったのか?
第1部 クレルモン教会会議への道のり(批判される「ピレンヌ・テーゼ」―「マホメットなくしてシャルルマーニュなし」
「キリストの騎士」の誕生)
第2部 盛期十字軍の時代(第一回十字軍
第二・三回十字軍とエルサレム王国
報復の連鎖―一三世紀)
第3部 後期十字軍の時代(東方・地中海での覇権争い
混乱するヨーロッパ世界
十字軍の終焉)
エピローグ 盛期十字軍の歴史化と二つの十字軍観

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

十字軍の真の目的は何だったのか?約700年間に渡る十字軍史を、多様な角度で検討し、その本質を問い直した決定版。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 図説十字軍
  • 図説十字軍

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中