ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 評定所留役秘録 2 掌中の珠

  • 評定所留役秘録 2 掌中の珠

評定所留役秘録 2 掌中の珠

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 ま2-20
  • 巻の書名
    掌中の珠
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-576-19046-4
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕府の最高裁判所、評定所。鷹と謳われた父の後を継いだ若き士、結城新之助。忖度を排し法を護る、開始早々話題の新シリーズ第2弾(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

江戸は年明け早々の大火。三度目の加役を担う火盗改の頭大林親中は単身、木場を探索中、材木問屋信濃屋の手代による無頼らに襲われた。折しも釣り帰りの元評定所留役・結城峰太郎と次男の小次郎が親中に助っ人。同じ頃、公儀の材木横流しの役人が目付筋に捕らえられ、評定所送りに。自らの咎を自訴したのは作事方の軽輩・村木良太。信濃屋の娘を嫁にしていたが…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 評定所留役秘録 2 掌中の珠
  • 評定所留役秘録 2 掌中の珠

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中