ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 変動のマクロ社会学 ゼーション理論の到達点

  • 変動のマクロ社会学 ゼーション理論の到達点

変動のマクロ社会学 ゼーション理論の到達点

  • ISBN
    978-4-623-08450-0
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の理論社会学の夜明けとなった高田保馬『社会学原理』(1919)、世界の理論社会学に衝撃を与えたパーソンズ『社会システム』(1951)以降の諸理論を踏まえ、社会変動を階層、権力、地域社会、集団の4つの変動カテゴリーに分解しつつ、新たに総合化した。この真摯な知的営みが、マクロ社会学の「予見する力」を強化する。2017年に完結した「講座・社会変動」(2001‐2017)の成果を活かして、変動研究のマクロ社会学の到達点を示す。
目次
序章 社会変動の理論へ向けて―「実感信仰」と「理論信仰」のはざまで
第1章 産業社会から環境リスク社会へ―現代社会の社会変動再論
第2章 アーバニズムとネットワーク
第3章 機能分化社会のマスメディア―報道するシステムと知のあり方
第4章 現代日本における階層化の様相
第5章 情報社会と社会システム―文化変容とネットワーク
第6章 日本社会の「国際化」と国際社会学―方法論的ナショナリズムを超えて
第7章 「少子化する高齢社会」の構造と課題
第8章 無縁と貧困の時代診断―21世紀初頭日本の社会問題

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 変動のマクロ社会学 ゼーション理論の到達点
  • 変動のマクロ社会学 ゼーション理論の到達点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中