ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡

  • 僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡

僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-905428-90-9
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2000年にサモアで始まった廃棄物分野の技術協力は、パラオ、バヌアツ、フィジーと広がりを見せ、10年後には大洋州11島嶼国にまたがる広域プロジェクト『J‐PRISM(大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト)』に発展した。技術協力の成果は、新設された施設や明文化された制度・計画では測ることはできない。カウンターパート(相手)のためにいかに環境を整え、彼らが成長する機会をどれだけ提供できたかにかかっている。そう、技術協力は『人に始まり、人に終わる』。本プロジェクトを統括したJICA専門家が、サモア出身の1人の青年との出会いと成長の記録を通じて、報告書からは見えない裸の人間ドラマを描く。
目次
第1章 船出―廃棄物協力はいかに始まったか(桜井レポート(出港準備)
サモアってどこ?(目的地) ほか)
第2章 荒波―二国間プロジェクトの開始とサモアモデルの没落(パラオの国際会議(針路変更)
サモアのめざましい改善(順風満帆) ほか)
第3章 新たな海図―二国間協力から広域協力(J‐PRISM)への発展(二国間協力(定期航路)
志布志からブラ!(補給船) ほか)
第4章 嵐との遭遇―広域プロジェクトの苦闘と南南協力の促進(J‐PRISM開始(出帆)
サモアの憂鬱とバヌアツの進歩(暗礁) ほか)
第5章 生還―技術協力でもたらされた成果(2015年沖縄研修(挑戦)
ステアリングコミッティー(凱旋) ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡
  • 僕の名前はアリガトウ 太平洋廃棄物広域協力の航跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中